報道発表資料

平成20年11月17日
地球環境
この記事を印刷

中央環境審議会総合政策・地球環境合同部会 グリーン税制とその経済分析等に関する専門委員会「環境税等のグリーン税制に係るこれまでの議論の整理」の公表について(お知らせ)

 中央環境審議会総合政策・地球環境合同部会グリーン税制とその経済分析等に関する専門委員会が、本年9月から11月にかけて6回にわたって開催されました。
 本専門委員会では、環境税等のグリーン税制を検討する際に論点となる6つの事項
(【1】地球温暖化対策全体の中での具体的な位置づけ、【2】現在の経済状況下での課税の効果、【3】国民経済や産業の国際競争力に与える影響、【4】既存エネルギー関係諸税との関係、【5】諸外国における取組の現状、【6】関連する個別のグリーン税制も含めた全体的な在り方)について議論が行われました。
 今般、本委員会において、「環境税等のグリーン税制に係るこれまでの議論の整理」が取りまとめられましたので、公表します。

 

添付資料

連絡先
環境省中央環境審議会総合政策・地球環境合同部会事務局環境省総合環境政策局環境経済課
課長:石飛 博之(内線6260)
補佐:山田 勝土(内線6258)
担当:一井 里映(内線6269)
片山 良太(内線6269)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ