報道発表資料

平成20年11月11日
保健対策
この記事を印刷

第6回「東アジアPOPsモニタリングワークショップ」の開催について(お知らせ)

 環境省は、「東アジアPOPsモニタリングワークショップ(Workshop on Environmental Monitoring of Persistent Organic Pollutants in East Asian Countries)」を、平成20年11月18日(火)〜20日(木)に、東京において開催します。
 ワークショップは非公開で行いますが、ワークショップ終了後、議論の結果を環境省ホームページにおいて公表する予定です。

1.日時:

平成20年11月18日(火)〜11月20日(木)

2.場所:

東京国際交流館
東京都江東区青海2-79   TEL 03-5520-6001

3.参加者(予定):

(1)
東アジアPOPsモニタリングに関し、アジア地域11カ国(カンボジア、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、モンゴル、フィリピン、シンガポール、タイ及びベトナム)政府からの約30名の実務担当者。
(2)
国連環境計画(UNEP)、北極圏監視評価計画(AMAP)、国連大学(UNU)及び北西太平洋地域海行動計画(NOWPAP)の専門家。

4.目的:

本ワークショップは、以下の事項を主な目的としています。

(1)
環境省が平成19年度にラオス、マレーシア及びモンゴルにおいて 実施した「東アジアPOPsモニタリング調査」の結果の精査等
(2)
「重点調査地点」(“super site”)の選定を含む、平成20年度以降 の「東アジアPOPsモニタリング調査」の計画の策定
(3)
「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」第16条の規定に基づく同条約の有効性評価のための参加各国の取組についての意見交換等

以上

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
直通: 03−5521−8261
課長:木村 博承(内線6350)
課長補佐:瀬川 恵子(内線6353)
担当:山下 修 (内線6355)

ページ先頭へ