報道発表資料

平成20年10月30日
地球環境
この記事を印刷

「カーボン・オフセットの取組に係る信頼性構築のための情報提供ガイドライン(Ver. 1.0)」の公表について(お知らせ)

 カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができない温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについてその排出量を見積り、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。
 カーボン・オフセットの取組を広め、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員の自発的な取組を促進するためには、カーボン・オフセットの取組について透明性を確保し、信頼性を構築していく必要があります。このため、環境省では、本年2月にとりまとめた「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」に基づき、カーボン・オフセットを行う際に留意すべき点や明示すべき情報等について「カーボン・オフセットの取組に係る信頼性構築のための情報提供ガイドライン(Ver. 1.0)」をとりまとめましたので、お知らせします。

  1. 「カーボン・オフセットの取組に係る信頼性構築のための情報提供ガイドライン(Ver. 1.0)」について
    • 環境省では、課題別ワークショップ「カーボン・オフセットに係る透明性の確保、第三者認証及びラベリングに関するワークショップ」において、「カーボン・オフセットの取組に係る信頼性構築のための情報提供ガイドライン」について検討を行い、今般、パブリック・コメント(平成20年9月2日〜17日)を経て、同ガイドラインをとりまとめました。
  2. カーボン・オフセットに係るその他の公表資料について
    • 過去の「カーボン・オフセットに係る透明性の確保、第三者認証及びラベリングに関するワークショップ」の資料は、環境省HP(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset/conf_trp.html)にて掲載しています。
    • カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)のHP(http://www.j-cof.org/)において、「カーボン・オフセットに関するFAQ-Ver. 1.0」及び「カーボン・オフセットの対象活動から生じるGHG排出量の算定方法ガイドライン(Ver. 1.0)」を掲載しています。
    • また、本日付けで「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver. 1.0)」に対する意見募集(パブリック・コメント)を開始しましたので、併せてご覧ください。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:高橋 康夫(6737)
担当:吉崎 仁志(6785)
担当:仲埜 公平(6041)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ