報道発表資料

平成20年10月23日
地球環境
この記事を印刷

地球環境研究総合推進費一般公開シンポジウムの開催について「再び増加する光化学スモッグと越境大気汚染」(お知らせ)

環境省は、越境大気汚染問題における最新の科学的知見を一般に広く公開するため、「再び増加する光化学スモッグと越境大気汚染」と題して、独立行政法人海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターと共同主催で一般公開シンポジウムを開催します。

1.開催趣旨

 我が国では、光化学オキシダントの濃度が漸増傾向にあるとともに、光化学オキシダント注意報発令地域が広域化しています。これらの要因として、国内で排出される大気汚染物質のみならず、アジア大陸からの越境大気汚染の影響が論じられていますが、その寄与率などは、地域においても大きく異なることが推定され、科学的な知見を確立することが重要です。また、東アジアにおける光化学オキシダントの広域汚染を解決するためには、国際的な協力の枠組みの検討が必要です。
 このため、今年度より、環境省地球環境研究総合推進費において、「東アジア地域におけるオゾン・エアロゾルの長距離越境輸送に関する研究」(研究代表者:秋元肇 地球環境フロンティア研究センタープログラムディレクター)が立ち上げられました。
 環境省は、越境大気汚染問題における最新の科学的知見を一般に広く公開するため、「再び増加する光化学スモッグと越境大気汚染」と題して、独立行政法人海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターと共同主催で一般公開シンポジウムを開催します。

2.シンポジウムの概要

○日時:
平成20 年11月25日(火) 13:30〜17:00(13:00開場)
○会場:
国際連合大学 ウ・タント国際会議場(別紙1参照)
東京都渋谷区神宮前5-53-70
○主催:
環境省、(独)海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター
後援:
(独)国立環境研究所
○プログラム:
別紙2参照
○入場料:
無料

3.参加申し込み

 参加を希望される方は、下記URLから登録をお願いします。ただし、会場の都合により、定員数(約300)を超えるお申込みについては、登録できない場合もございますので、予め御了承下さい。

http://www.jamstec.go.jp/frcgc/sympo/2008border/

参加登録に関する問合せ先

独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター
研究推進室(担当:塩見)
Tel: 045-778-5723 Fax:045-778-5496
Email: taiki-sympo@jamstec.go.jp

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
直通:03−5521−8246
課長:田中 聡志(6740)
課長補佐:袖野 玲子(6755)
担当:橋本 俊一(6745)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ