報道発表資料

平成20年10月9日
自然環境
この記事を印刷

「モニタリングサイト1000」ロゴマークの募集について(お知らせ)

 環境省では、我が国の代表的な生態系の状態を長期的かつ定量的にモニタリングすることにより、種の減少、種組成の変化等、その異変をいち早くとらえ、適切な自然環境保全施策に役立てることを目的に、平成15年度より「重要生態系監視地域モニタリング推進事業(モニタリングサイト1000)」を実施しています。これまでに、森林・草原、里地里山、湖沼・湿原、砂浜、磯、干潟、藻場、アマモ場、サンゴ礁、島嶼等の様々な生態系にサイトを設置し、専門家、NPO、市民ボランティア等の協力を得ながら調査を実施してきました。
 このたび、約1000サイトの設置を達成したことを記念し、本事業のさらなる推進と普及を目的に、ホームページや印刷物で使用するための、モニタリングサイト1000のロゴマークを以下のとおり広く募集します。

1.募集内容

  • 「モニタリングサイト1000」のロゴマーク
     日本の多様な自然環境や生態系、そのモニタリングの重要性を表現したデザインを募集します。
「モニタリングサイト1000」の概要については別紙及び下記URLをご覧ください。
URL:http://www.biodic.go.jp/moni1000/index.html

2.応募方法

  •  作品(15cm×15cm程度)を描画したA4用紙と、必要事項を記入した別添の応募用紙を同封して郵送してください。作品の背景の色は白色とし、作品の裏側には氏名(ふりがな)、住所、電話番号を記入してください。また、上下がわかるよう、上向きの矢印を記入してください。作品における文字の使用は自由です。
 電子データで作成した場合は、Microsoft社WindowsXP上で表示可能なものとします。ファイル形式は、BMP(ビットマップピクチャー)形式、JPEG形式またはTIFF形式のいずれかに加え、PDF形式に変換したファイルをCD-Rに保存し、A4用紙に印刷したもの(上記に従い、氏名等を記入)とともに送付してください。

3.応募資格

 どなたでも応募いただけます。

4.応募期間

 平成20年10月14日(火)〜平成20年12月1日(月)必着

5.選考方法及び発表

  •  モニタリングサイト1000ロゴマーク選考委員会により12月中旬に審査を行い、入賞作品を決定します。
  •  平成21年1月中に入賞者には直接通知するとともに、入賞作品及び入賞者氏名等は環境省生物多様性センターホームページ(http://www.biodic.go.jp/)等で発表します。

6.賞

・最優秀賞 1点
賞状及び副賞(受賞作品を表示した楯)
・優秀賞 2点
賞状及び副賞(楯)
※ 副賞の内容は変更することがあります。

7.注意事項

  • 一人につき3点まで御応募いただけます。ただし、1枚の用紙につき、作品1点として下さい。(電子データについては、CD-Rに複数の作品を格納しても構いません。)
  • 立体性のある作品(複数の用紙を貼り付けて作成したものなど。)は、審査対象外とします。
  • 応募に係る費用は、応募者の負担となります。
  • 作品は、様々なサイズで利用されますが、2.5cm四方程度の大きさでも使用しますので、縮小されることを考慮した上で、デザインしてください。
  • 作品は、折ったり、丸めたりしないでください。
  • 入賞作品の一切の著作権・使用権は環境省に帰属します。
  • 採用作品は、ホームページや印刷物など、広範に使用します。
  • 採用作品のデザイン及び色彩は、一部を修正、変更する場合があります。色彩については、反転したり、モノクロで使用することがあります。
  • 入賞者発表にあたり、氏名の公表に支障のある方は、「匿名希望」と明記してください。
  • 応募作品は、国内外で未発表の自作作品とし、他の著作権や商標、その他第三者の権利を侵害しないものに限ります。他の作品の模倣・類似と認められる作品など、これらの条件に違反していたことが判明した場合、入賞決定後であっても、賞は無効となります。
  • 応募作品の返却はいたしません。
  • 応募用紙に記載された個人情報は、本公募に関連する用途以外には使用しません。

8.応募・問合せ先

(財)自然環境研究センター

〒110-8676 東京都台東区下谷3-10-10
「モニタリングサイト1000」ロゴマーク募集事務局(担当:今井、永津、大野)
TEL:03-5824-0967
FAX:03-5824-0968
 郵送及びFAXの際は、宛先に担当者名まで御記入ください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局生物多様性センター
電話:0555-72-6033(直通)
センター長:鳥居 敏男
総括企画官:阪口 法明
担当:久保井 喬

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ