報道発表資料

平成20年10月6日
地球環境
この記事を印刷

バイオエタノール燃料「E3」を使用した「第12回関東学生対抗 チーム・マイナス6%軽自動車6時間耐久レース」開催のお知らせ

 チーム員である全日本学生自動車連盟関東支部は、チーム・マイナス6%と連携し、10月13日(月・祝)、スポーツランド信州(長野県長野市)において「第12回関東学生対抗 チーム・マイナス6%軽自動車6時間耐久レース」を開催します。
 本大会は、チーム・マイナス6%のチーム員団体である全日本学生自動車連盟の取組みとして、同連盟関東支部が開催するもので、「バイオエタノール3%混合燃料(E3)」を全面的に使用して行われるレースです。レースに出場するそれぞれの軽自動車の車両には「ストップ温暖化」のメッセージをつけ、環境に配慮したモータースポーツを通してレース全体で地球温暖化防止を呼びかけます。

開催概要

1.日時

2008年10月13日(月・祝) 7:10〜15:00( プレス受付 6:30〜 )

2.場所

スポーツランド信州
(長野県長野市松代町:別添地図参照)
http://www.sportslandshinsyu.com/

3.主催

全日本学生自動車連盟 関東支部

4.特別協力

チーム・マイナス6%(環境省)

5.特別協賛

(株)りゅうせき

6.概要

7:10〜7:30
開会式
8:00〜
レース開始(6時間耐久レース)
14:30〜15:00
表彰式・閉会式

 本大会は、地球温暖化や環境問題に対して積極的に取り組んでいる全日本学生自動車連盟(関東支部)が、連盟活動の一環として、軽自動車を使用したレースにおいて、「バイオエタノール3%燃料」(E3)を全面的に使用して行うレースであり、環境に優しいモータースポーツ活動を提案する目的で開催するものです。

 (詳細は、別添の学生自動車連盟関東支部発表報道資料を参照)。

7.取材について

別紙の「取材申込書」にてお申込みください。
申込〆切:10月9日(木)17:00

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長:染野憲治(内:6725)
担当:松本行央(内:6793)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ