報道発表資料

平成20年9月29日
大臣官房
この記事を印刷

平成20年度補正予算に計上された事項等について(お知らせ)

本日、平成20年度補正予算案について閣議決定されましたので、環境省に関する補正予算に計上された事項等について、お知らせいたします。

[一般会計]

1.産業廃棄物不法投棄原状回復措置への支援 7,200百万円
2.野鳥における鳥インフルエンザ緊急対策 114百万円
3.特定鳥獣保護管理対策促進支援事業 40百万円
4.次世代自動車等導入促進事業 409百万円
5.小水力発電普及促進事業調査 50百万円
6.「都市鉱山」のレアメタルリサイクル推進事業 75百万円
   
7,888百万円

[特別会計]

1.国内排出量取引推進事業 362百万円
2.温室効果ガスの自主削減目標設定に係る設備補助事業 450百万円
3.二酸化炭素海底下地層貯留技術(CCS)開発事業 68百万円
4.業務部門対策技術率先導入補助事業 50百万円
5.地域協議会民生用機器導入促進事業 100百万円
   
1,030百万円
   
合計 8,918百万円
(注)
 上記の特別会計10.3億円にあっては、見合いの財源を自ら捻出することとされたことから、それを相殺し、環境省の緊急総合対策としては78.8億円規模の補正予算となる。
連絡先
環境省大臣官房会計課
直通:03-5521-8218
課長:後藤真一(内線6160)
補佐:野口正一(内線6162)

ページ先頭へ