報道発表資料

平成20年9月30日
地球環境
この記事を印刷

地球環境研究総合推進費 一般公開シンポジウムの開催について 『地球温暖化の日本への影響 〜現状と将来予測、その対策と賢い適応へ向けて〜』(お知らせ)

 環境省では、地球環境研究総合推進費(以下「推進費」という。)による研究成果を広く一般に発信し、最新の科学的知見を普及・共有することを目的として、『地球温暖化の日本への影響〜現状と将来予測、その対策と賢い適応へ向けて〜』と題するシンポジウムを、平成20年10月
 30日(木)にニッショーホール(東京都港区虎ノ門・消防会館内)にて開催します。
 シンポジウムでは、最前線で活躍する国内の研究者が、地球温暖化によって生じる影響の大きさと地域分布、出現時期などの科学的知見を分かりやすく御紹介します。また、環境ジャーナリストの枝廣淳子氏を迎え、パネルディスカッションを実施します。
 環境省では、地球環境問題に関心を持つ多くの方々の参加を呼びかけています。

1.開催趣旨

 環境省では、推進費における研究成果を一般に広く公開することを目的として、平成10年度から毎年度、一般公開シンポジウムを開催しています。
 本年度は、『地球温暖化の日本への影響〜現状と将来予測、その対策と賢い適応へ向けて〜』と題して、地球温暖化に伴い私たちの生活にどのような影響が起こり得るのか、また、その適応策として何が考えられるかという視点から、水災害、森林影響、農業影響、沿岸域災害、健康影響の各分野における最新の科学的知見を分かりやすく御紹介します。また、第2部では、環境ジャーナリストの枝廣淳子氏を迎え、第1部の講演者や行政担当者を交えたパネルディスカッション「温暖化影響への対策と賢い適応への取組み」を実施します。

(参考:地球環境研究総合推進費は平成2年度から運用している競争的研究資金で、この資金によって、国立試験研究機関、独立行政法人、大学、民間研究機関等、様々な分野の研究機関、研究者の連携・協力の下に、地球環境研究が総合的に進められています[平成20年度予算額約32億円、69の研究課題を実施中]。これまで、地球環境の将来予測・影響・対策等に関する数多くの科学的知見を蓄積してきており、例えば、地球温暖化に関する研究成果は、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第4次評価報告書へ引用されるなど、国際的にも貢献しています。)

2.主催

環境省

3.開催日時及び場所

日時:
平成20年10月30日(木) 16:00〜20:00
場所:
ニッショーホール(消防会館内)
東京都港区虎ノ門2丁目9番16号
  • 東京メトロ銀座線「虎ノ門」3番出口から徒歩5分
  • 東京メトロ日比谷線・千代田線・丸ノ内線「霞ヶ関」A12番出口から徒歩10分
  • 都営地下鉄三田線「内幸町」A4番出口から徒歩15分

4.当日のプログラム

推進費ホームページ(http://www.env.go.jp/earth/suishinhi/index.htm)を参照して下さい。

5.講演者及び講演内容

○本シンポジウムの目的と内容の紹介
・・・肱岡 靖明(国立環境研究所 主任研究員)
○水災害 −洪水氾濫と斜面災害の増加−
・・・風間 聡(東北大学 准教授)
○森林影響 −ブナ林の分布適域の減少、マツ枯れ地域の拡大−
・・・田中 信行(森林総合研究所 主任研究員)
○農業影響 −コメ収量変動の推計と適応−
・・・横沢 正幸(農業環境技術研究所 主任研究員)
○沿岸域災害 −高潮浸水と液状化現象の増加−
・・・安原 一哉(茨城大学 教授)
○健康影響 −熱ストレスによるリスクと熱中症の増加−
・・・小野 雅司(国立環境研究所 総合影響評価研究室長)

6.参加申込

 本シンポジウムは、地球環境問題に関心を持つ多くの方々に参加を呼びかけており、参加費は無料です。
 参加を希望される方は、10月23日(木)までに住所、氏名、年齢、職業、電話番号、FAX番号、E-mailアドレスを明記の上、下記申込先にハガキ、FAX又はホームページにてお申し込み下さい。
 申し込まれた方には、後日「申込受付完了ハガキ」を送付いたしますので、シンポジウム当日に受付までお持ち下さい。なお、会場の都合により、定員数(約600)を超えるお申込みについてはお断りさせて頂く場合もございますので、予め御了承下さい。

申込先

(社)国際環境研究協会
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-13
FAX: 03-3432-1975(TEL: 03-3432-1844)
ホームページ:http://www.airies.or.jp/suishinhi/
連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
室長:小野 洋(内線6730)
補佐:松浦 安剛(内線6732)
担当:田畑 桂(内線6732)

ページ先頭へ