報道発表資料

平成20年10月3日
地球環境
この記事を印刷

第1回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合及び第7回ASEAN+3環境大臣会合の開催について(お知らせ)

第1回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合及び第7回ASEAN+3環境大臣会合が、10月9日(木)にハノイ(ベトナム)で開催されます。日本からは竹本和彦地球環境審議官が出席する予定です。

1.日時:

平成20年10月9日(木)
午前:第7回ASEAN+3環境大臣会合
午後:第1回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合

2.会場:

シェラトン・ハノイ・ホテル(ハノイ)

3.会合の概要:

(1)第1回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合

 昨年11月に開催された第3回東アジア首脳会議(EAS)で発出された「気候変動、エネルギー及び環境に関するシンガポール宣言」(別紙1)をフォローアップするために本年初めて開催されます。今回は、今後の協力の方針を示す共同声明を発出する予定であり、協力の優先分野として「環境的に持続可能な都市(Environmentally Sustainable Cities)」が取り上げられる見込みです。
 我が国は、本会合において、6月に環境省が発表した、環境と共生しつつ経済発展を図る持続可能なアジアの構築を目指すクリーンアジア・イニシアティブ及び関連諸施策(環境的に持続可能な交通に関する日本の取組み等)を紹介するとともにアジア3R推進フォーラムの形成を呼びかけるなど、ホスト国のベトナムと連携して議論に貢献していく予定です。本会合の成果は、12月にタイで開催される第4回東アジア首脳会議において報告される予定です。

(2)第7回ASEAN+3環境大臣会合

 2002年(平成14年)以来、ASEAN諸国に日本、中国、韓国を加えることにより、東アジア地域の環境分野における地域協力を促進することを目的に、毎年開催されています。日ASEAN、中ASEAN、韓ASEANそれぞれによる環境協力プロジェクトの進捗状況と今後の日中韓三カ国によるASEANに対する環境協力のあり方について議論を行います。

 

4.議題案:

別紙2参照

5.参加国等:

(1)第1回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合

ASEAN諸国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)、ASEAN事務局、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランド

(2)第7回ASEAN+3環境大臣会合

ASEAN諸国、ASEAN事務局、日本、中国、韓国

(参考

クリーンアジア・イニシアティブ

 アジアにおいて環境と共生しつつ経済発展を図り、持続可能な社会を構築することを目指すものであり、[1]低炭素・低公害型社会の実現、[2]循環型社会の実現、[3]自然共生型社会の実現、[4]市場のグリーン化の促進等を具体的な政策目標として、我が国の優れた技術・組織・制度等をアジアに移転し、アジアにおける公害防止と温暖化対策を同時に実現(コベネフィット)すること等を目指す。 

アジア3R推進フォーラム

 アジア地域に於ける3R国際協力のプラットフォームとして、各国及び関係機関に参加を呼びかけるもの。具体的な役割としては、3Rに関する政策対話や関係国・関係機関の知見・経験の交流を通じて、3R対策実施の効果及びメリットを明らかにし、各国及び機関の政策・活動に3Rを明確に位置づけ、実施を促進することや途上国の能力向上を支援し、将来的な地域協力に関する相互理解を醸成することを予定している。

環境的に持続可能な交通 (EST: Environmentally Sustainable Transport)

 長期的な視野で環境面から持続可能な交通ビジョンを踏まえて交通・環境政策を策定・実施する取組みである。人々に対して未来の交通のあるべき姿を示すことにより、人々の意識改革を促し、環境負荷の少ない交通行動や生活様式を選択することを期待するもの。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局環境協力室
室長:小林 香(6760)
補佐:福島 健彦(6761)
担当:清家 弘司(6764)
(代表)03-3581-3351
(直通)03-5521-8248

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ