報道発表資料

平成20年7月31日
大気環境 大臣官房
この記事を印刷

電気自動車の導入について(お知らせ)

環境省は、公用車として電気自動車(三菱自動車工業 i MiEV)を導入いたします。
  1. 電気自動車は、走行時の窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)等の排出ガス及び
    CO2(二酸化炭素)の排出が無く、また、走行騒音を大幅に低減できるなど、優れた環境性能を有しています。
  2. 環境省においては、こうした環境負荷の少ない低公害車を公用車として率先導入することとしており、今年度、試験的に電気自動車「i MiEV」(三菱自動車工業)を、8月1日より導入いたします。
  3. i MiEVは、車載の充電器を使って、家庭用の電源でも充電できるほか、電力会社等で開発中の急速充電器を使えば短時間で充電可能です。環境省では、車載の充電器を使用して、200Vの電源により夜間充電を行い、走行に応じた電力消費に係るデータの把握を行います。
  4. 今後とも、電気自動車などの低公害車の率先導入に努めるとともに、各種施策を推進し、低公害車の普及促進を図って参ります。

※当日(8日1日)、11時から12時までの間、合同庁舎5号館西側駐車場において、展示いたします。ただし、試乗会は行いません。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房会計課
直通:03-5521-8199
代表:03-3581-3351
課長:後藤 真一(内線 6160)
課長補佐:森 豊(内線 6161)
担当:矢吹 育夫(内線 6166)

環境省 水・大気環境局 自動車環境対策課
直通:03-5521-8302
課長:内藤 克彦(内線 6520)
課長補佐:東山 直愛(内線 6576)
担当:酒向 健(内線 6577)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ