報道発表資料本文

破壊量等の報告の集計結果


                                       (単位kg)
   CFC HCFC HFC 合計
14年度末の保管量 7,436 52,548 2,629 62,613


第1種(業務用冷凍空調機器) 369,102 1,468,988 184,068 2,022,158
第2種(カーエアコン) 262,507 - 151,201 413,708
合計  631,609  1,468,988  335,269  2,435,866
破壊した量 628,921 1,470,973 331,491 2,431,385
年度末の保管量 10,123 50,563 6,407 67,094


フロン類の破壊量集計値 種類別のフロン類破壊量(平成15年度)

(注)
CFC(クロロフルオロカーボン)−いわゆるフロンの一種。冷媒、発泡剤、洗浄剤等として使用される。オゾン層破壊物質でありモントリオール議定書の削減規制対象物質である。また、強力な温室効果ガスである。

HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)−いわゆるフロンの一種。オゾン層破壊物質であり、モントリオール議定書の削減規制対象物質である。オゾン層破壊係数はCFCよりも小さい。強力な温室効果ガスである。

HFC(ハイドロフルオロカーボン)−代替フロンの一種。オゾン層破壊効果はないものの温室効果ガスであり、京都議定書において削減の対象となっている。



 報道発表本文に戻る