報道発表資料

平成20年6月27日
自然環境
この記事を印刷

野生順化訓練中のトキのヒナの巣立ちについて(お知らせ)

今年秋に予定しているトキの試験放鳥に向け、野生復帰ステーション順化ケージで訓練を行っているトキのうち、順化ケージ内の樹木に自ら営巣し初めて繁殖していたトキのペアのヒナ2羽が巣立ちましたので、お知らせします。
  1. 佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージでは、昨年7月から5羽のトキの野生復帰訓練を開始し、今年2月には10羽のトキを追加して、現在、計15羽で野生順化訓練を進めています。
  2. このうち、今年3月下旬にペアとなったトキは、4月に順化ケージ内の樹木に自ら巣を作って産卵し、5月13日、14日に2羽のヒナをふ化させました。2羽のヒナは順調に成長を続け、6月24日に1羽、25日に1羽が巣から飛び立ち、26日からは巣外での採餌行動が盛んに見られるようになりました。
  3. 現在、2羽のヒナは、まだ親からの給餌に頼っていますが、野生復帰ステーションでは、野生順化訓練を進めながら、引き続き、このペアおよびヒナの行動を見守っていく予定です。

【参考1:ヒナを育てたペア】

個体番号(年齢)備考
オス
メス
121/I/06(2才)
112/D/06(2才)
平成19年7月訓練開始
平成20年2月訓練開始

【参考2:我が国のトキの個体数(6月27日現在)】

佐渡トキ保護センター
: 111羽(成鳥90羽、ヒナ21羽)
多摩動物公園
: 11羽(成鳥 4羽、ヒナ 7羽)

【参考3:トキの繁殖期】

 トキは一般的に、1月中旬頃より頭部から背にかけて羽が灰黒色に着色(生殖羽)し始め、3月上〜中旬から交尾を行い、3月下旬から4月中旬にかけて産卵します。産卵後28日ほどでふ化し、6月中には巣立ちます。

【取材等】

 野生復帰ステーションの順化ケージは非公開ですが、野生復帰ステーション内の観察棟に設置されたモニターで観察することが可能です。
 なお、野生復帰ステーション(TEL0259-24-6151)より、順化ケージの2羽のヒナの状況について写真及びモニター映像を提供する予定です。

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通:03−5521−8283
代表:03−3581−3351
課 長:星野 一昭(6460)
補 佐:西山 理行(6475)
専門官:中村 昌孝(6469)

ページ先頭へ