報道発表資料

平成20年4月15日
地球環境
この記事を印刷

鴨下環境大臣の「アジア・ボアオ・フォーラム」への出席等の結果について(お知らせ)

鴨下大臣は、4月12日(土)から4月14日(月)にかけて中国を訪問し、アジア・ボアオ・フォーラムに参加するとともに、周生賢環境保護部長との会談等を行いました。

1.日程

平成20年4月12日(土)〜14日(月)

2.概要

 鴨下大臣は、アジア・ボアオ・フォーラムに参加し、胡錦濤国家主席と面会するとともに、中国環境保護部の周大臣と会談し意見交換を行いました。主な成果は以下のとおりです。

(1)アジア・ボアオ・フォーラム

【1】胡錦濤国家主席との面談(12日)
 胡錦濤国家主席と面談し、鴨下大臣から、福田総理のメッセージを伝えるとともに、G8北海道洞爺湖サミットに向けて、日中の協力を推進していきたい旨を発言した。
【2】気候変動セッション(13日)
 気候変動セッションに参加し、IPCCパチャウリ議長らと低炭素社会の実現に向けた取組などについて意見交換を行った。

(2)周生賢中国環境保護部長との会談(14日)

【1】水環境パートナーシップ
 昨年4月に発表された日中間の環境保護協力の一層の強化に関する共同声明に基づき、汚濁物質の削減に関する協力の具体化を進めることで一致した。
【2】黄砂
 観測データの共有を含む共同研究の実施が両国の研究機関において合意されたことを歓迎し、両国がこの分野の協力を一層進めていくことで一致した。
【3】コベネフィット協力
 コベネフィット・プロジェクトの実現に向けて、実務者レベルで両国の協議を進めることで一致した。
【4】廃棄物・リサイクル対策
 アジア全体で循環型社会の構築を進めることが重要であるとの認識を共有し、レジ袋の削減等について取り組んでいくことで一致した。
【5】生物多様性の保全
 名古屋市での開催を招致している2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の開催と成功に向け理解と協力を求め、賛同を得た。
連絡先
環境省地球環境局環境協力室
室長:早水 輝好(6760)
補佐:小川眞佐子(6761)
(代表)03-3581-3351
(直通)03-5521-8248

ページ先頭へ