報道発表資料

平成20年4月14日
自然環境
この記事を印刷

関東カワウ広域協議会によるカワウ一斉追い払いについて(お知らせ)

関東カワウ広域協議会では、平成18年度から広域かつ一体的なカワウの保護管理の取組として実施している一斉追い払いを、本年度は、4月15日〜24日の期間に実施することとしましたのでお知らせします。

1.関東カワウ広域協議会について

 カワウは、広域的に移動し、河川等の内水面漁業に深刻な被害を与えています。この対策としては都県を越えた広域的な保護管理を推進することが必要であることから、平成17年4月、国(環境省、水産庁、国土交通省)、関係10都県(別添)及び漁業関係者等の関係団体を構成員とする、関東カワウ広域協議会を設立しました。また、当該広域協議会では、平成17年11月に関東地域におけるカワウの保護管理の方向性を示す「関東カワウ広域保護管理指針」をまとめました。

2.一斉追い払いについて

 「関東カワウ広域保護管理指針」に基づき、内水面漁業の被害のうち最も深刻であるアユの放流と遡上を守るため、4月15日〜24日の10日間に各地域の漁協の協力を得て、ロケット花火、かかし、銃器捕獲、テグス張り等によりカワウの追い払いを一斉に実施するものです。
 また、追い払いの効果を測定するため、実施前後にカワウの飛来数調査を実施します。
 なお、昨年度実施した一斉追い払いでは、カワウの飛来数が30%減少したと報告されています。

 

3.一斉追い払いに関する詳細のお問い合わせについて

 現地取材の対応等については、別添の10都県の担当部局にお問い合わせ下さい。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
電話 03−5521−8285(直通)
03−3581−3351(代表)
室長:猪島 康浩 (6470)
室長補佐:柴田 泰邦 (6471)
専門官:徳田 裕之 (6473)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ