報道発表資料

平成20年2月18日
地球環境
この記事を印刷

国連環境計画(UNEP)第10回特別管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラムの開催について(お知らせ)

  国連環境計画(UNEP)第10回特別管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラムが2月20日(水)〜22日(金)にモナコ公国で開催されます。我が国からは田村義雄環境事務次官他が出席する予定です。

1. 開催日

平成20年2月20日(水)〜22日(金)

2.会議名

国連環境計画(UNEP)第10回特別管理理事会/
グローバル閣僚級環境フォーラム

3. 開催地

モナコ公国

4. 主な議題

  • 気候変動に対処するためのファイナンス
  • 国連改革 等

5.参加者

  • 世界150カ国の環境担当閣僚等及び国際機関の代表等
  • 日本からは、田村環境事務次官が代表として参加
【参考1】国連環境計画(UNEP)について
1972年6月ストックホルムで「かけがえのない地球」を合言葉に開催された国連人間環境会議で採択された「人間環境宣言」及び「環境国際行動計画」を実施に移すための機関として、同年の国連総会決議に基づき設立。同機関は、既存の国連諸機関が行っている環境に関する諸活動を総合的に調整管理するとともに、国連諸機関が着手していない環境問題に関して、国際協力を推進していくことを目的としている。
【参考2】特別管理理事会について
国連総会において選出される58か国から成る、UNEPの最高意思決定機関。日本は1972年の創設以来管理理事国である。UNEPの将来の方向性、活動計画、予算等が協議される。2年に1回開催される。2000年以降、定例会合が開催されない年には特別会合が開催されることとなった。
【参考3】グローバル閣僚級環境フォーラムについて
国連総会決議及びUNEP管理理事会決議に基づき、重要かつ新たな環境分野の事項について見直すことを目的に開催される閣僚級会合。管理理事会や特別管理理事会と併せて閣僚級で毎年開催されている。
連絡先
環境省地球環境局総務課環境協力室
課長:梶原 成元(6710)
室長:早水 輝好(6760)
補佐:吉川 和身(6722)
担当:岡山 俊直(6726)
直通番号: 03-5521-8243

ページ先頭へ