報道発表資料

平成20年1月21日
自然環境
この記事を印刷

中国から提供された2羽のトキのペアリングの開始について(お知らせ)

 昨年11月に中国から提供された2羽のトキ「ホワヤン(華陽)」と「イーシュイ(溢水)」は、それぞれ、佐渡トキ保護センターで生まれた4才のメスのトキ、3才のオスのトキと本日よりペアリングを開始しますのでお知らせします。

1.経緯

(1)
昨年11月に中国より提供された2羽のトキ「ホワヤン(華陽)」(オス、4才)と「イーシュイ(溢水)」(メス、4才)は、昨年12月13日に3週間の検疫期間を終え、繁殖に備えて佐渡トキ保護センターに移送された。
(2)
佐渡トキ保護センターへの移送後、約1ヶ月が経過し、2羽のトキは佐渡トキ保護センターでの飼育環境に十分慣れたと判断されることから、今春の繁殖期に向けて、各個体の繁殖行動が始まる前に、佐渡トキ保護センターで生まれたトキとペアリングを開始する。

2.繁殖ペアの形成

  個体番号(年齢) 備 考
オス
メス
153/β/03(4才)
54/A/03(4才)
華陽(ホワヤン)
友友(ヨウヨウ)・洋洋(ヤンヤン)の子
オス
メス
82/B/04(3才)
154/β/03(4才)
優優(ゆうゆう)・美美(メイメイ)の子
溢水(イーシュイ)

※1 友友・洋洋は平成11年に中国から贈呈されたつがいのトキ
※2 優優は友友・洋洋の第一子、美美は平成12年に中国から提供されたトキ

パートナーの選定理由

 昨年、中国から提供されたトキ「ホワヤン(華陽)」と「イーシュイ(溢水)」のパートナーとなるトキ54/A/03、82/B/04はいずれも、佐渡トキ保護センター生まれの個体。繁殖年齢に達しており、健康状態が良好である。行動が落ち着いている等の観点から適切な個体として選定。

3.ペアの写真等の提供

 両ペアの繁殖用ケージは非公開ですが、繁殖用のケージに入った様子は、佐渡トキ保護センター(TEL0259-22-2445)より写真を提供する予定です。

参考:トキの繁殖期

 トキは一般的に、1月中旬頃より頭部から背にかけて羽が灰黒色に着色(生殖羽)し始め、3月上〜中旬から交尾を行い、3月下旬から4月中旬にかけて産卵します。産卵後28日ほどで孵化し、6月中には巣立ちます。

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通:03−5521−8282
代表:03−3581−3351
課長:星野 一昭(6460)
補佐:西山 理行(6475)
専門官:中村 昌孝(6469)

ページ先頭へ