報道発表資料

平成19年11月5日
地球環境
この記事を印刷

アジア森林パートナーシップ(AFP)第7回会合の開催について

アジアの持続可能な森林経営を推進するため、政府、国際機関、NGO等が協働して取り組むアジア森林パートナーシップの第7回会合が11月12日(月)から15日(木)までの間、横浜市にて開催されます。

1.期間

平成19年11月12日(月)から15日(木)

2.場所

神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1パシフィコ横浜

3.主催

日本国政府(環境省、外務省、林野庁)、インドネシア政府、
 国際林業研究センター(CIFOR)、地球環境戦略研究機関(IGES)

4.参加者

アジア森林パートナーシップ(AFP)のパートナー国等27カ国の政府関係者、国際機関、NGO、研究機関及び民間企業等が参加します。
 我が国政府からは、辻林野庁長官及び小町外務省地球環境問題担当大使のほか、環境省、外務省、林野庁の関係者が出席します。

 

5.概要

AFPは、2002年に持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)において発足して以来、アジアにおける森林の持続可能な経営を促進するため、違法伐採対策、森林火災予防、植林等を中心とした活動を行ってきました。今次会合では、AFP第1フェーズ(2002〜2007年)の活動と成果について評価を行い、その結果を踏まえて、来年以降の第2フェーズの課題設定と活動のあり方が協議される予定です。

  

6.報道関係者の皆様へ

会合は公開で行われ、カメラ撮り、取材は随時可能です。

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
直通:03−5521−8245
代表:03−3581−3351
課長代行: 深見 正仁(内線6750)
課長補佐: 服部 浩治(内線6744)
担当: 仲埜 公平(内線6747)

ページ先頭へ