報道発表資料

平成19年9月10日
地球環境
この記事を印刷

第2回日中韓三カ国黄砂局長会合の開催について

 環境省は、第2回日中韓三カ国黄砂局長会合を本年9月18日(火)に東京にて開催します。今次会合では、黄砂に関する施策の進捗と展望について意見交換を行い、日中韓三カ国の黄砂に関する共同研究の進め方等について議論する予定です。

1.開催趣旨

 昨年12月に開催された第8回日中韓三カ国環境大臣会合の合意を受け、北東アジア地域における黄砂対策に関する地域協力を推進するため、日本、中国、韓国の三カ国の局長級会合が設置されました。本年3月に第1回三カ国黄砂局長会合が韓国にて開催され、今般第2回会合を日本で開催するものです。

2.会合の概要

 今次会合では、黄砂に関する施策の進捗と展望について意見交換を行い、日中韓三カ国の黄砂に関する共同研究の進め方等について議論する予定です。なお、オープニングセッションでは、桜井郁三環境副大臣が挨拶する予定です。(頭撮り可)

○日程:
平成19年9月18日(火)
○場所:
東京プリンスホテル3階「紅梅」
○主催:
日本国環境省
○参加予定者(約40名):
  • 日本 南川秀樹環境省地球環境局長 他
  • 中国 徐慶華(シュ・チンファ)国家環境保護総局国際合作司長 他
  • 韓国 申富南(シン・ブーナム)環境部国際協力局長 他
  • モンゴル バンゾラグチ・ツェセド自然環境省環境天然資源局長 他
  • 関係省庁(林野庁、気象庁、韓国森林庁、韓国気象庁等)
  • 研究機関(日本国立環境研究所(NIES)、韓国国立環境研究所(NIER)等)
  • 国際機関(アジア開発銀行(ADB)、国連環境計画(UNEP)、国連アジア太平洋地域経済社会委員会(UNESCAP)等)
○使用言語:
英語

3.会合の取材について

 会合では、開会式の冒頭(9:00〜9:20)のみ取材(カメラ撮影含む)が可能です。冒頭では、桜井郁三環境副大臣が挨拶する予定です。取材をされる方は、9月13日(木)18:00までに、KOUSA01@env.go.jpのアドレスまで電子メールでご登録下さい。登録の際には、会社名、連絡先、取材者氏名について記載願います。

(参考)第2回日中韓三カ国黄砂局長会合プログラム

セッション1:開会
9:00-9:20
歓迎の挨拶 日本環境副大臣
冒頭の挨拶 韓国、中国、モンゴル局長
9:20-9:40
出席者紹介
議題の採択
記念写真の撮影
セッション2:黄砂対策に係る活動の進捗報告と展望
9:40-10:50
各国からの発表と意見交換
11:20-12:00
国際機関からの発表と意見交換
セッション3:運営委員会と作業グループの実施要領 (TOR)の検討
13:30-13:45
TOR案の説明
13:45-15:30
TORについて議論
セッション4:まとめと閉会
16:00- 17:00
次回局長会合についての情報
議論のまとめ、TORの採択
閉会
18:00-20:00
レセプション
連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
直通:03−5521−8246
 課長:田中 聡志(6740)
 課長補佐:袖野 玲子(6755)
 係長:小沼 信之(6745)

ページ先頭へ