報道発表資料

平成19年7月30日
総合政策
この記事を印刷

「環境ビジネスウィメンと環境副大臣との懇談」の開催について

 土屋環境副大臣が、環境関連ビジネスの経営等に携わる女性をお招きして、2050年の低炭素社会の実現及び国民運動の展開にあたって、環境ビジネスウィメンの各自の専門分野の経験を通じて、環境ビジネスの果たすべき役割と社会に向けた提案について議論するために、「環境ビジネスウィメンと環境副大臣との懇談」を8月1日(水)午後2時から環境省省議室において開催します。

1.経緯および趣旨

 環境と経済の好循環する社会の実現に向けて平成16年度に開催された「環境ビジネスウィメン 環境と経済の好循環を語る」と題して開催された懇談会の精神を受け継ぎ、女性による環境ビジネスの定着を含めた環境政策について意見を伺うため、新たなメンバーによる「環境ビジネスウィメンと環境副大臣との懇談」を開催します。

2.懇談会の構成

 懇談会参加者は、環境関係ビジネスに熱心な企業経営者等環境と経済に関し知見を有する女性で、下記のとおり(50音順)。また、第1期、第2期のメンバーもオブザーバーとして参加します。

大庭みゆき(おおばみゆき)
株式会社環境エネルギー総合研究所 代表取締役 所長 工学博士
河口真理子(かわぐちまりこ)
株式会社大和総研 経営戦略研究所 主任研究員
木村マキ(きむらまき)
株式会社オルタナ ヒトと社会と地球を大事にするビジネス情報誌「オルタナ」副編集長
齋藤真澄(さいとうますみ)
さいたまコープ 常務理事
竹本徳子(たけもとのりこ)
株式会社カタログハウス エコひいき事業部 取締役事業部長
辰巳菊子(たつみきくこ)
(社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会 常任理事 環境委員長
玉置晴美(たまきはるみ)
株式会社たまき 代表取締役社長
中庭知重(なかにわちえ)
(社)産業環境管理協会製品環境情報事業センター LCA開発推進室 主査(ISO/TC207/SC3 [環境ラベル] 日本代表エキスパート及びISO/TC207/SC3 The Global Type III Environmental Product Declarations Network 代表エキスパート)
永峰好美(ながみねよしみ)
株式会社プランタン銀座 取締役
吉本花子(よしもとはなこ)
日栄産業株式会社 取締役

3.懇談会の予定

日時
平成19年8月1日(水)午後2時〜午後4時
場所
環境省省議室
懇談は一般には非公開で行います。マスコミの取材は可能です。傍聴を希望するマスコミ関係の方は、事前の登録は不要ですので、当日、受付にて身分証明書をご提示下さい。ただし、カメラ撮りをご希望の方は、会合前日までに担当までご連絡下さい。
連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
直通:03-5521-8230
 代表:03-3581-3351
 課長補佐:中島 恵理(6267)
 担当:大久保 玲子(6263)

ページ先頭へ