報道発表資料

平成19年6月28日
総合政策
この記事を印刷

NPOと企業の協創円卓会議(第1回)開催について

 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)では、企業とNPO・市民とのパートナーシップづくり促進の観点から、企業の社会的責任(CSR)について、“NPOと企業の協創円卓会議”を開催します。第1回は、「外食業界のCSR」をテーマに先進事例紹介を行うともに、様々な立場の方の参加によるディスカッションを行い、協働によるCSRの取り組みの今後の可能性を考えます。
 なお、このセミナーは北海道環境パートナーシップオフィス(北海道EPO)との共催により、北海道での現地見学会も併せて開催いたします。

1.趣旨

 企業の社会的責任(CSR)が注目され、多くの業種・企業により様々な自主的な取り組みが行われています。そしてより多くのステークホルダー(利害関係者)との対話を行うために、「マルチステークホルダー・ダイアログ(対話)」なども盛んに開催されています。
 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)では、NPOと企業間のパートナーシップ(協働)の取り組みを支援する目的で、「NPOと企業の協創円卓会議」を開催いたします。これは、業種毎の先進事例の取り組み紹介と、参加者間でディスカッションを行い、NPOなどの市民セクターと企業セクターの方が共に話し合いを行い、市民セクターと企業セクターの協働によるCSRの取り組みの可能性について具体的な事例をもとに、皆でともに考える場にしたいと考えています。
 今回は、北海道環境パートナーシップオフィスとの共催で、東京でのグループ・ディスカッションと、北海道での現地見学会を併せて開催します。

2.セミナーの内容

  • 事例報告:
    「外食産業における先進的CSRの取り組み」
    株式会社 アレフ 恵庭エコプロジェクト
    エコチームリーダー 佐々木隆浩氏
  • グループ・ディスカッション
    ファシリテーター:青木将幸氏<青木将幸ファシリテーター事務所>
  • 全体での意見共有

3.開催概要

日時:
平成19年7月10日(火)18:30〜20:50
場所:
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)

4.主催等

主催:
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)

5.参加申込み、問い合わせ先

参加費:
無料(要申込)
対象:
外食、食品等に関連する企業・NPO・行政の方
お申し込み・お問い合わせ:

氏名、所属、連絡先を明記の上、メールまたはファクシミリにて事前にお申し込みください。参加票は特に発行いたしませんが、定員に達した後にお申し込みの方には、お断りのご連絡を差し上げます。

申し込み用アドレス:csr2007@geic.or.jp
FAX:03-3407-8164
URL:http://www.geic.or.jp/geic/partnership/csr/070710/index.html

担当:地球環境パートナーシッププラザ 平田、伊藤

会場地図
会場地図

6.共催行事

 東京での協創円卓会議のほか、北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)との共催により、下記のように「現地見学バスツアー」を開催いたします。

現地見学会

■開催概要
○日時:
2007年8月24日(金) 11:00〜16:00
○内容:
  • “えこりん村”見学
  • エネルギー施設、冬水たんぼの見学と協働についてのレクチャー
  • ディスカッション
○集合:
  1. JR札幌駅集合10:00(道内及び交通アクセス上都合でお選びください)
  2. JR千歳線 恵庭駅集合 10:45(その後バスにて見学会)
※千歳空港駅−恵庭 は、JR線で約12分 8:00羽田発の飛行機で到着可
○定員:
20名(要申し込み)※同業他社の方のご参加を歓迎いたします。
○参加費:
2,500円(バス代・資料代)
■お問合せ・お申込
北海道環境パートナーシップオフィス 担当:鎌田
札幌市北区北7条西5丁目5 札幌千代田ビル3階
TEL:011-707-7060 FAX:011-707-7061
E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp
http://www.epohok.jp/

7.その他

■協創円卓会議について
 環境問題の解決にあたっては、様々な立場の人の幅広い視点からの意見が必要です。GEICでは、こうしたパートナーシップ(協働)による課題解決のために、多様なセクターの参加により、新しい価値を協働で創り出すために、協創円卓会議を設けました。批判やクレームを述べるような場でなく、持続可能な社会をつくりだすための、建設的な意見交換の場を、多くの立場の方と一緒に創り出していきたいと考えます。
※「協創」について
 GEICは昨年、オープンより10年を迎え、市民と企業や行政が新しい仕組みを協働で創造するという、「協創」をキーワードに活動を展開して参ります。具体的には行政や企業との協働やコミュニケーションを通じて市民セクター自身も成長し、持続可能な社会づくりに向けた取り組みを、共に作り上げていくことが必要と考えます。
■CSRと環境パートナーシップ
 この協創円卓会議は、GEICと国連大学(UNU)が協働により開催されます。今後も、両者によって様々な意見交換の場や、セミナー等が開催されますので、多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。
連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課民間活動支援室
(03-3406-5180:EPO)
 室長:北沢 克巳
 担当:今井 正之
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
 担当:平田、伊藤(03-3407-8107)

ページ先頭へ