報道発表資料

平成19年5月14日
大気環境
この記事を印刷

微小粒子状物質健康影響評価検討会(第1回)の開催について

国内外の科学的知見を踏まえ、微小粒子状物質(PM2.5)に係る健康影響について検討するため、学識経験者から構成される微小粒子状物質健康影響評価検討会(第1回)を平成19年5月29日(火)に開催します。
1.趣旨、目的
 浮遊粒子状物質の中でも粒径の小さい微小粒子状物質(PM2.5)については、これまで環境省において、国内及び諸外国における健康影響に関する各種調査研究等の科学的知見の集積に努めてきているところです。
 また、欧米において微小粒子状物質の環境目標値を設定する動きがあり、WHO(世界保健機関)は微小粒子状物質の環境目標値に関するガイドラインを昨年設定したところです。
 環境省ではこれらの科学的知見や情報等を踏まえ、学識経験者からなる微小粒子状物質健康影響評価検討会を開催し、微小粒子状物質に係る健康影響に関する評価について専門的な検討を進めることとします。
2.日時

平成19年5月29日(火)14:00〜16:00

3.場所

中央合同庁舎5号館22階環境省第1会議室
(東京都千代田区霞が関1−2−2)

4.議題

(1)微小粒子状物質健康影響評価検討会について
(2)欧米における粒子状物質に関する動向について
(3)微小粒子状物質の調査研究に関する環境省の取組について
(4)健康影響評価の進め方等について
(5)その他

5.傍聴
 傍聴を御希望される方は、平成19年5月21日(月)17時まで(必着)に、氏名、連絡先(e-mailアドレス、電話番号、FAX番号)、職業(所属、役職)を明記の上、下記連絡先まで郵送もしくはFAXにて御登録下さい。
 なお、申し込みは傍聴希望者1名につき1通といたします。傍聴希望者が傍聴可能人数(20名程度を予定)を超過した場合には抽選といたします。傍聴可能な方にのみ、傍聴券をFAXにて送付させていただきますので、当日は必ず傍聴券を御持参願います。
 カメラ撮りを希望されるマスコミの方は、下記連絡先まで、5月25日(金)17時までに御連絡ください。なお、カメラ撮りは冒頭のみとさせていただきます。
6.連絡先
環境省水・大気環境局総務課
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-3581-3351(内線6514・6516)
FAX:03-3580-7173
担当:松崎、山崎、茂中
連絡先
環境省水・大気環境局総務課
代表 03-3581-3351
 課長 岡部 直己(内線6510)
 補佐 松田 尚之(内線6514)
 担当 山崎 寿之(内線6516)

ページ先頭へ