報道発表資料

平成19年3月29日
地球環境
この記事を印刷

黄砂観測装置(ライダーモニタリングシステム)の設置(新潟県)について

 環境省ではネットワーク構築のため、地上から上空数kmにわたりリアルタイムでの黄砂の観測が可能な装置(ライダー(LIDAR:Light Detection and Ranging))を新潟県に設置し、観測を開始しました。なお、環境省が国内で設置するライダーとしては、富山県、島根県、長崎県への設置に続き4基目となります。
 今後、ライダーモニタリングシステムにより取得した黄砂飛来情報を環境省のホームページ上で試験的に提供する予定です。

1 趣旨

 近年、黄砂の規模や頻度が甚大化しており、過放牧や耕地の拡大等の人為的な要因も影響しているとの指摘もあることから、より詳細な現象解明が求められています。
 日本、中国、韓国及びモンゴルの4か国及びUNEP等の国際機関が共同で策定した「北東アジアにおける黄砂の防止と抑制に関する地域マスタープラン」(平成17年3月に公表)では、モニタリングネットワーク等の重要性が指摘されているところです。また、昨年12月に開催された第8回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM8)においても、北東アジア地域における黄砂モニタリングネットワークを促進することが合意されました。
 こうした中、環境省では、今般、当該ネットワーク構築の一環として、新潟県及び財団法人日本環境衛生センター酸性雨研究センターの協力を得て、ライダーモニタリングシステムを新潟市に設置することとしました。環境省が国内で設置するライダーとしては、富山県、島根県、長崎県への設置に続き4基目となります。

2 ライダーモニタリングシステムについて

 今般設置するライダーは、国立環境研究所が開発した黄砂観測装置(NIES-LIDARと呼ぶ。)であり、レーザー光線を上空に発射し、上空に浮遊する粒子状物質に反射して返ってくる光を測定・解析することにより、黄砂等粒子状物質の鉛直分布等をリアルタイムで観測するものです。ライダーの特徴として、地上付近だけではなく、上空の黄砂飛来状況が把握できるため、黄砂飛来予測に重要な情報を提供できること、見た目では区別できない粒子状の大気汚染物質と黄砂を区別して観測できること等が挙げられます。(参考:ライダーについて及びライダーの概観)
 国立環境研究所(大気圏環境研究領域遠隔計測研究室)が行っている研究活動の一環として、国内では5か所にこのシステムが設置されており、環境省設置の4か所と合わせ、9か所の観測データが得られることとなります。

3 設置場所

 財団法人日本環境衛生センター酸性雨研究センター敷地内(新潟県新潟市曽和1182)(別紙参照)

4 今後の予定

 新潟に設置したライダーは、本日から稼働し、データは国立環境研究所のホームページ(http://www-lidar.nies.go.jp/Niigata/index-j.html)で閲覧が可能です。  中国やモンゴルにおいても、我が国の政府開発援助(ODA)により黄砂モニタリングネットワークの構築が進められているところであり、環境省としては、関係国と連携して、北東アジア地域における黄砂モニタリングネットワークの構築を進めていく予定です。
 また、黄砂飛来情報を広く国民に提供するため、今後、環境省のホームページ上において、当該モニタリングネットワークにより取得されるリアルタイムの黄砂飛来情報等を試験的に提供する予定です。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
代表:03-3581-3351
 直通:03-5521-8245
 課長:徳田 博保(内線6740)
 課長補佐:袖野 玲子(内線6755)
 係長:吉森 信和(内線6745)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ