報道発表資料

平成18年12月20日
総合政策
この記事を印刷

東海環状自動車道(岐阜県養老町〜同海津市南濃町及び三重県いなべ市北勢町)に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見の提出について

環境省は、東海環状自動車道(岐阜県養老町〜同海津市南濃町及び三重県いなべ市北勢町)に係る環境影響評価書について、本日付けで国土交通省に対し、環境影響評価法に基づき、工事の実施に当たり健全な水循環の確保及び地盤環境保全を求める環境大臣意見を提出した。
  1.  環境省は、東海環状自動車道(岐阜県養老町〜同海津市南濃町)及び同自動車道(三重県いなべ市北勢町)に係る環境影響評価書について、それぞれ環境影響評価法に基づき環境の保全の見地からの意見を求められたことから、平成18年12月20日付けで国土交通大臣等(注1)に対し、環境大臣意見を提出した。
  2.  当該路線には、岐阜県と三重県との県境に全長約5.0kmのトンネル区間があることから、この建設工事に伴うトンネル工部周辺やトンネル上部の水環境への影響が生じないよう、工事の実施までに地下水及び地質の状況を十分把握したうえで、湧水防止対策を検討するとともに、地下水位や表流水について事後調査を実施し、その結果を踏まえ、必要に応じて適切な措置を実施する必要がある。
     また、岐阜県側の事業実施区域の一部は、軟弱地盤地域を盛土で通過することから、地盤沈下による地下水及び地盤環境への影響が生じないよう、同様に適切に調査及び対策を実施する必要がある。
     これらのことから、以下のとおり環境大臣意見を提出した。
  3.  なお、今後、都市計画決定権者である岐阜県知事及び三重県知事(注2)に対して、国土交通大臣等からこの環境大臣意見を勘案した意見が述べられることとなる。
(注1)

国土交通大臣及び国土交通省中部地方整備局長

(注2)
本事業は都市計画に定められるものであるため、環境影響評価は事業者に代わって都市計画決定権者である岐阜県知事及び三重県知事が実施。

環境大臣意見

  • 東海環状自動車道(岐阜県養老町〜海津市南濃町)に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見

     地下水を中心とした健全な水循環の確保及び地盤環境保全の観点から、トンネル工部及び盛土工部において、工事の実施までに詳細なボーリング調査等を実施し、地下水及び地質の状況を把握したうえで、トンネル工部の湧水防止対策並びに盛土工部の地盤対策工法及び盛土施工方法を検討すること。
     その上で、トンネル工部においては、工事実施中に地下水位やトンネル上部の表流水の状況について事後調査を実施しながら、その結果を踏まえ、必要に応じてトンネル工部の地下水位及びトンネル上部の水環境の保全のために必要な措置を講じること。また、盛土工部においては、工事実施中及び完了後に地下水位や地盤沈下について事後調査を実施しながら、その結果を踏まえ、必要に応じて地下水位及び地盤の保全のために必要な措置を講じること。
     さらに、これらについて評価書に記載すること。
  • 東海環状自動車道(三重県いなべ市北勢町)に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見

     地下水を中心とした健全な水循環の確保の観点から、トンネル工部において、工事の実施までに詳細なボーリング調査等を実施し、地下水及び地質の状況を把握したうえで、トンネル工部の湧水防止対策等を検討すること。
     その上で、工事実施中にトンネル工部の地下水位及びトンネル上部の表流水の状況について事後調査を実施しながら、その結果を踏まえ、必要に応じてトンネル工部の地下水位及びトンネル上部の水環境の保全のために必要な措置を講じること。
     さらに、これらについて評価書に記載すること。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響評価課環境影響審査室
室長:早水 輝好(内6231)
 審査官:福田 功(内6239)
 TEL 03-3581-3351(代表)
     03-5521-8237(直通)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ