報道発表資料

平成18年9月28日
地球環境
この記事を印刷

平成18年4月から6月の政府の温室効果ガス排出量等について

平成18年4月から6月の政府の温室効果ガス排出量は、平成17年の同時期の推計値と比較して-3.5%と大きく減少しました。地球温暖化対策の政府実行計画の基準年の平成13年の同時期の推計値と比較すると-4.2%です。

 

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
課長 小川 晃範(内6770)
 課長補佐 高見 晃二(内6776)
 担当 井桁 正昭(内6776)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ