報道発表資料

平成18年9月26日
廃棄物
この記事を印刷

「浄化槽の日」関連行事等について

10月1日の浄化槽の日を記念し、第20回全国浄化槽大会が浄化槽の日実行委員会の主催の下で10月2日に開催されます。大会では、浄化槽関係事業の発展向上に顕著な功績のあった功労者を表彰する記念式典や記念講演等が行われます。

 10月1日は、「浄化槽の日」です。
 「浄化槽の日」は、浄化槽の普及促進及び浄化槽法の周知徹底を通じて、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図るとともに公共用水域の水質保全に資することを目的として、昭和62年に厚生省、環境庁、建設省の3省庁が主唱し制定しています。
 10月1日としたのは、浄化槽に関する諸制度を整備した「浄化槽法」(昭和58年5月18日公布法律第43号)が、昭和60年10月1日に全面施行されたことによるものです。
 10月1日を中心に、浄化槽に関する行事等が行われます。

  1. 第20回全国浄化槽大会
    (1)日時
    平成18年10月2日(月) 14:00〜16:45
    (2)主催
    浄化槽の日実行委員会(浄化槽関係団体20団体:別紙参照)
    (3)後援
    環境省、国土交通省
    (4)場所
    東京會舘(千代田区丸の内3-2-1 電話 3215-2111)
    (5)内容
    • 挨拶
       環境大臣、国土交通大臣
    • 浄化槽適正整備推進決議
    • 表彰式
       環境大臣表彰
       国土交通省総合政策局長表彰
       国土交通省住宅局長表彰
       環境省水・大気環境局長表彰
       環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長表彰
    • 記念講演
      講師:
      眞柄 泰基(まがら やすもと)
      北海道大学創成科学共同研究機構特任教授
      演題:
      「浄化槽を考える」
  2. その他、各都道府県、市町村、関係団体等により、浄化槽の展示、浄化槽の設置及び 維持管理に関するビデオ放映等浄化槽の普及促進キャンペーンや啓発普及活動が予定されています。
  3. また、浄化槽の日実行委員会では、「浄化槽の日」を国民運動として展開するため、ポスター等の配付により啓発活動を行います。
    ポスター 20,500部
    パンフレット 10,500部
    広報資料
    9,000部
    (配布先:都道府県、市町村、保健所等の浄化槽主管課及び浄化槽関係団体等)

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課浄化槽推進室
室長 松原 徳和
 補佐 萩原 秀明(内線6862)

環境省水・大気環境局水環境課課長 望月 達也
補佐 高橋 一浩(内線6637)

ページ先頭へ