報道発表資料

平成18年7月11日
保健対策
この記事を印刷

「第9回化学物質の内分泌かく乱作用に関する国際シンポジウム」の開催について(第1報)

本年11月12日(日)から14日(火)に、釧路市観光国際交流センター(釧路市)において「第9回化学物質の内分泌かく乱作用に関する国際シンポジウム」を開催します。
 本年のシンポジウムでは、12日に一般向けプログラムとして、パネルディスカッションを行い、13日、14日には専門家向けプログラムとして、化学物質の内分泌かく乱作用に関する作用・影響評価、基礎的研究、野生生物及びリスクコミュニケーション並びに健康リスクに着目した小児の環境保健をテーマとしたセッションを予定しています。
 プログラムの詳細及び参加受付等は9月上旬にお知らせする予定です。

1 日程

平成18年11月12日(日)〜11月14日(火)

2 会場

釧路市観光国際交流センター
北海道釧路市幸町3-3

3 主催
環境省
  後援及び協力(予定)

 北海道、北海道教育委員会、釧路市

4 開催目的
  • 我が国を始めとする世界各国の化学物質の内分泌かく乱作用に関する取組状況について、情報を共有する。
  • 国際的な連携・協調により進めている化学物質の内分泌かく乱作用に関する研究の方向性について議論する。
  • 身近な問題であると同時に地球規模の問題でもある化学物質への対応について、各方面の関係者により多面的な意見交換を行う。
  • 化学物質の内分泌かく乱作用に関する作用・影響評価、基礎的研究、野生生物及びリスクコミュニケーション並びに健康リスクに着目した小児の環境保健について議論する。
5 プログラム(予定)
日程 内容 コーディネーター
11月12日(日) 一般向けプログラム
及び招聘専門家向けスタディビジット
11月13日(月) 専門家向けプログラム
 [1]作用・影響評価
 [2]基礎的研究
 [3]野生生物
環境省環境保健部環境安全課
井口 泰泉
濱口 哲
11月14日(火) 専門家向けプログラム
 [4]リスクコミュニケーション
 [5]健康リスクに着目した小児の環境保健

小出 重幸
佐藤 洋
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課長 上家 和子(内6350)
 係長 木阪 有美(内6352)
 担当 木山 雅文(内6352)

ページ先頭へ