報道発表資料

平成18年3月29日
総合政策
この記事を印刷

「環境と金融に関する懇談会」(第1回)の開催について

 環境政策を進めていく上での金融分野の役割の重要性について、幅広い観点から議論・検討を行うことを目的として、このたび設置することとしました「環境と金融に関する懇談会」を、平成18年4月6日(木)に開催いたしますので、以下のとおりお知らせします。

1.設置の目的:

 環境政策を進めていく上での金融分野の役割の重要性について、幅広い観点から議論・検討するとともに、1,500兆円を超える個人金融資産の有効な活用という視点も踏まえ、金融市場においても、例えば、SRI(社会的責任投資)のように、企業の環境保全などの社会的な取組が積極的に評価されるために必要な仕組みやその推進方策の検討を行うことを目的として、「環境と金融に関する懇談会」を設置します。

2.懇談会の参加者:(五十音順)

  • 大木壮一(あずさサスティナビリティ株式会社 代表取締役社長)
  • 加藤秀樹(構想日本代表 慶応大学総合政策学部教授)
  • 河口真理子(株式会社大和総研 主任研究員)
  • 高橋栄一(日興コーディアル証券株式会社 執行役員)
  • 谷本寛治(一橋大学大学院 商学研究科教授)
  • 常陰均 (住友信託銀行株式会社 取締役 常務執行役員)
  • 津野正則(ラッセル・インベストメント証券投信投資顧問株式会社 代表執行役員)
  • 平野信行(株式会社三菱東京UFJ銀行 常務取締役)
  • 藤井良広(株式会社日本経済新聞社 編集委員)

3.日時等:

第1回懇談会

日時:
平成18年4月6日(木)15:00〜17:00
場所:
環境省第1会議室

傍聴について

本懇談会は公開で行われます。傍聴を御希望の方は、「環境と金融に関する懇談会 傍聴希望」と記入し、住所、氏名、勤務先、電話番号、傍聴券の送付先(FAX番号、E-mailアドレスのいずれか)を明記の上、4月4日(火)13時までに以下の連絡先にFAX、E-mailのいずれかにてお申し込み下さい。お申込みは傍聴希望者一人につき1通とさせていただきます。
なお、会場の都合から傍聴希望が多数の場合は抽選とさせていただきます。
抽選の結果、傍聴いただける方には、傍聴券を送付しますので、当日ご持参ください。傍聴いただけない方には、その旨のご連絡をいたします。
マスコミ関係者の傍聴登録は不要です。当日は、受付にて身分証明書をご提示ください。ただし、カメラ撮りを御希望の方は、4月5日(水)13時までに以下の連絡先までお申し込み下さい。また、カメラ撮りは会議の冒頭のみでお願いいたします。

連絡先

環境省総合環境政策局環境経済課
担当 : 澤
FAX : 03−3580−9568
TEL : 03−5521−8240(直通)
E-Mail : e-report@env.go.jp
連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課
課長:鎌形 浩史(6260)
 課長補佐:三橋 英夫(6264)
 課長補佐:氏森 毅(6263)
 担当:澤 知宏(6252)

関連情報

過去の報道発表資料

平成18年3月14日
「環境と金融に関する懇談会」について
ページ先頭へ