報道発表資料

平成18年1月19日
地球環境
この記事を印刷

地球温暖化の感染症に係る影響に関する懇談会(第2回)の開催について

近年、気候変化と健康影響に関する研究において、温暖化によって影響を受ける感染症等(感染症媒介蚊の生息域拡大、気温上昇による細菌増殖の活発化など)が明らかになってきています。
 これを踏まえ、感染症を媒介する動物の蔓延など、地球温暖化による生態系の変化等で引き起こされる人の健康への危機について、広く国民に知見を提供し、関心を高めることにより、健康影響を極力防ぐとともに、温暖化問題への取組を促進するため、「地球温暖化の感染症に係る影響に関する懇談会(第2回)」を開催することといたしました。
 第2回は、1月26日(木)午後1時から富国生命ビル28階 中会議室(第4会議室)において開催する予定です。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%

1.日時

平成18年1月26日(木)午後1時〜3時

2.場所

富国生命ビル28階 中会議室(第4会議室) (千代田区内幸町2-2-2)

3.議題

(1)
各委員からの発表
(2)
その他
取材を御希望の方は、取材登録をお願いいたします。1月25日(水)午前10時までに、下記連絡先までE-mail又はFAXでお申し込みください。カメラ撮りを御希望の方は、その旨もお申し出ください。なお、カメラ撮りは会議の冒頭のみでお願いいたします。

連絡先:
地球温暖化の影響と適応戦略に関する統合調査
「地球温暖化の感染症に係る影響に関する懇談会」事務局
パシフィックコンサルタンツ株式会社
環境事業本部地球環境部 藤森眞理子/山口和子
FAX:03-3344-1713
E-mail:GE_group@ss.pacific.co.jp
TEL:03-3344-1608

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課研究調査室
室長: 塚本 直也(内線6730)
 室長補佐: 吉川 圭子(内線6731)
 主査: 徳廣 貴之(内線6733)

ページ先頭へ