報道発表資料

平成17年11月1日
保健対策
この記事を印刷

平成17年度環境技術実証モデル事業検討会 化学物質簡易モニタリング技術ワーキンググループ会合(第2回)の開催について

平成17年度環境技術実証モデル事業のうち化学物質に関する簡易モニタリング技術分野の実証機関である岩手県、愛知県、兵庫県、鳥取県、山口県及び名古屋市においては、実証対象技術を選定し、実証試験に着手したところです。
 つきましては、今後の実証試験の進め方等について詳細に検討するため、平成17年度環境技術実証モデル事業検討会化学物質簡易モニタリング技術ワーキンググループ会合(第2回)を、実証機関における技術実証委員会(第2回)と合同で下記のとおり開催しますのでお知らせ致します。

1 開催日時
平成17年11月8日(水)13:30〜16:30
2 開催場所
経済産業省 別館846号会議室
(東京都千代田区霞ヶ関1−3−1)
3 議題(仮)
(1)
実証試験の今後の進め方について
(2)
その他

 なお、今回は実証対象技術の選定の経緯等を基礎データとして活用し、実証試験の進め方について検討することから、非公開で行います。

4 問い合わせ等の連絡先
東和科学株式会社 東京支店 (担当 兼綱、濱田、小林)
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町10−2
TEL:03-3662-4991  FAX:03-3662-5974
e-mail etv@mail.towakagaku.co.jp
連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課課長: 上家 和子
専門官: 吉田 佳督(内線6361)
  調査係長: 川村 太郎(内線6355)

ページ先頭へ