平成17年7月28日
地球環境

「クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ」への我が国の参加について

7月28日(木)午前10時半(日本時間午後12時半)、ラオス・ビエンチャンにおいて、「クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ」(Asia-Pacific Partnership for Clean Development and Climate)が立ち上げられる。参加国は、米国(主催国)、オーストラリア、中国、インド、韓国、日本。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%

日時:
7月28日(木)午前10時半(日本時間午後12時半)
概要:
 本パートナーシップは、クリーンで効率的な技術の開発・普及を通じた環境汚染、エネルギー安全保障、気候変動問題への対処を目的としている。具体的には、省エネ、クリーン石炭技術、天然ガス、炭素隔離、メタン回収、原子力発電及びバイオ、水力等の再生可能エネルギー等の分野における地域協力の推進である。なお同パートナーシップは京都議定書を代替するものではなく、これを補完するものとの位置づけである。

 わが国としては、アジア太平洋地域におけるこれまでの気候変動・エネルギー分野での関係国との協力の実績にもかんがみ、上記目的のために実質的な貢献を行うとの趣旨で同パートナーシップに参加する。

 本件パートナーシップは28日の立ち上げ会合と発足趣旨の発表を踏まえ、今後具体的な協力内容と取り進め方について参加国が協議していくこととなる。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国際対策室長:水野 理 (6772)
 補佐:竹本 明生 (6773)
 担当:小林 豪 (6775)