報道発表資料

平成17年4月14日
廃棄物
この記事を印刷

新潟県上越市事案に係る「特定産業廃棄物に起因する支障の除去等に関する特別措置法第4条の規定に基づく実施計画(案)」に対する環境大臣の同意について

環境大臣は、総務大臣との協議を経て、特定産業廃棄物に起因する支障の除 去等に関する特別措置法(産廃特措法)第4条の規定に基づき、標記実施計画案 に平成17年4月14日付けで同意した。
  1. 経緯等
     新潟県上越市三和区(旧三和村)の産業廃棄物処理業者(産業廃棄物処分業及び収集運搬業)が、自社の敷地内に木くず、燃え殻等を埋立、放置した事案。
     木くずは処理基準(保管基準)を超える急勾配で堆積され、燃え殻からは土壌環境基準(1,000pg-TEQ/g)を超えるダイオキシン類を検出。

    原因者:上越特殊建設株式会社(平成11年7月以降営業活動停止)
    中間処理業(平成6年5月許可、平成11年3月取消)
    収集運搬業(平成3年11月許可、平成11年3月取消)
    木くず約14,000m3、燃え殻約4,600トンを同社敷地内に埋立、放置。

  2. 支障の状況
     木くずの崩落による場外への飛散流出のおそれ、及び、地滑りの発生による崩落や降雨によって、ダイオキシン類を含む燃え殻が灌漑用の溜め池の水質・底質に影響を及ぼし、農業へ多大な影響を及ぼすおそれ。

  3. 支障除去等の方法等
    (1) 方法
      ・ 木くず :選別、一部撤去及び整形
    ・ 燃え殻:全量撤去
    (2) 実施期間
       平成17年度

  4. 支障除去等に要する費用
     約1億6千万円(補助額 約5千5百万円)

  5. 費用徴収の見込み
     同社及び代表取締役の不動産並びに動産は確認されておらず、現時点では徴収できる費用はない状況。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課適正処理・不法投棄対策室
室長:橋詰博樹(内線 6881)
 係長:伊藤隆晃(内線 6883)

ページ先頭へ