報道発表資料

平成16年9月14日
自然環境
この記事を印刷

中央環境審議会の答申について

 環境大臣が中央環境審議会会長に対して諮問した「特定外来生物による生態系等に係る被害を防止するための基本方針の案の作成について」について、平成16年9月14日付けで答申がなされたので、お知らせします。

 平成16年6月3日に環境大臣が諮問した「特定外来生物による生態系等に係る被害を防止するための基本方針の案の作成について」については、中央環境審議会野生生物部会に設置された「外来生物対策小委員会」(委員長:岩槻邦男放送大学教授)において、本年6月以来審議が重ねられ、9月1日に開催された第3回外来生物対策小委員会において報告が基本的に取りまとめられたところです。今般、語句の精査等を経て、別添のとおり報告が最終的に決定されることとなり、9月14日付けで同審議会会長から環境大臣に対して答申がなされました。



(参考)審議経緯 [PDF 12KB]

(別紙)特定外来生物被害防止基本方針(案) [PDF 73KB]



審議会答申
特定外来生物被害防止基本方針(案)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
課長  :名執 芳博(6460)
 企画官 :上杉 哲郎(6980)
 課長補佐:堀上  勝(6981)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ