報道発表資料

平成16年3月29日
地球環境
この記事を印刷

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)利用シンポジウムの開催について

環境省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び国立環境研究所が共同で開発・利用を進めている温室効果ガス観測センサとその搭載衛星(GOSAT:温室効果ガス観測技術衛星)に関するシンポジウムを、4月21日(水)に開催いたします。本シンポジウムは、海外の研究者を招聘し、地球温暖化問題、GOSATによる計画と現状、宇宙からの二酸化炭素観測の有効性とその利用方法等について議論を行い、GOSATのより効果的な利用を目指すものです。

【日時】
 平成16年4月21日(水) 午後1時30分〜4時30分

【開催場所】
 一橋記念講堂(学術総合センター内)
 住所 東京都千代田区一ツ橋2−1−2

【問い合わせ先】

環境省 地球環境局 総務課 研究調査室 奈良 税
TEL:03-5521-8247
宇宙航空研究開発機構 広報部
TEL:03-3438-6107〜9
国立環境研究所 企画・広報室 松本 公男
TEL:029-850-2453

(詳細は別紙に示します)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
室長: 高橋 康夫(内線6730)
 補佐: 竹本 明生(内線6731)
 主査: 奈良 税(内線6733)
(独)宇宙航空研究開発機構
GOSATプロジェクトチーム
 プロジェクトマネージャ:浜崎 敬 029(868)4400
地球観測利用推進センター 
 主任研究員:五十嵐 保 03(6221)9066
(独)国立環境研究所
 主任研究企画官: 松村 隆 029(850)2302
 企画・広報室長: 松本 公男029(850)2453

ページ先頭へ