報道発表資料

平成14年12月18日
水・土壌
この記事を印刷

平成13年度地下水質測定結果について

環境省は、平成13年度に国及び地方公共団体が実施した全国の地下水の水質の測定結果(環境基準項目)を取りまとめた。
 地下水質の全国的な状況の把握を目的とした概況調査の結果によると、調査対象井戸(4,722本)の7.2%に当たる341本の井戸において環境基準を超過する項目が見られた。(平成12年度の超過率は8.1%)
 項目別の超過率は、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が5.8%と最も高く、次いで砒素が1.3%、ふっ素が0.7%となっており、カドミウム他15項目については、環境基準超過井戸はなかった。


平成13年度 地下水質測定結果(概要)
 
平成13年度 地下水質測定結果について(報告)
 
平成13年度 地下水汚染事例に関する調査について[PDFファイル]
連絡先
環境省環境管理局水環境部土壌環境課地下水・地盤環境室
室長 望月 時男(内線6670)
 補佐 丸山 雅司(内線6672)
 担当 菊地 寛  (内線6675)
     佐藤 豪  (内線6675)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ