報道発表資料

平成14年11月28日
保健対策
この記事を印刷

第5回内分泌攪乱化学物質問題に関する国際シンポジウム

環境省主催の表記シンポジウムが、11月26日から3日間の日程で、広島国際会議場において、開催され、全日程を終了した。
  1. シンポジウムの出席者
     
      17カ国から、研究者、行政、工業会等の関係者及び一般参加者を含め、3日間通算で
    のべ約2,200人(うち海外からのべ約200人)が出席。

     11月26日(火) 約1,000人(一般向け公開セッション)
     11月27日(水) 約 600人(専門家向けセッション)
     11月28日(木) 約 600人(専門家向けセッション)
     
     
  2. シンポジウムの開催状況・内容
     
     第1日目の一般向けプログラムでは、東京大学堤治(つつみ おさむ)教授による「内分泌攪乱物質の次世代影響」と題する特別講演、我が国を含めた各国、各機関での内分泌攪乱化学物質問題に対する取組みの紹介、及びNHK小出五郎(こいで ごろう)氏の司会による「環境リスクコミュニケーション」をテーマにしたパネルディスカッション等が行われ、活発な議論が交わされた。

     第2日目・第3日目の専門家向けプログラムでは、各分野の第一線の研究者による免疫影響、カエル、甲状腺、性分化、曝露評価・リスク評価、子供の健康に係る発表が行われ、最新の知見による議論が繰り広げられた。

     また、環境ホルモン学会によるポスターセッションも合わせて開催され、多数の研究発表(307演題)が行われ、それぞれの発表パネルの前では参加者による討論が行われた。


英語版報道発表資料

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課
課  長:安達 一彦(6350)
 専門官:鷲見(すみ) 学(6352)
 担  当:堀   裕行(6354)
      :奥村 厚生(6354)

ページ先頭へ