報道発表資料

平成14年9月30日
大臣官房
この記事を印刷

環境省における政策評価について

環境省では、行政機関が行う政策の評価に関する法律、環境省政策評価基本計画及び平成14年度環境省政策評価実施計画に基づいて、平成13年度の事後評価を行い、その結果を取りまとめましたので公表します。
 また、使用済自動車の再資源化等に関する法律案に基づく各種の新設の規制について事前評価を行いましたので、併せて公表します。

 環境省では、本年4月から施行された「行政機関が行う政策の評価に関する法律」(以下「法」という。)に基づき策定した、環境省政策評価基本計画及び平成14年度環境省政策評価実施計画に従って、政策評価(平成13年度に実施した環境省の施策についての事後評価及び規制の新設に係る事前評価)を行いました。
 事後評価では、環境省が実施したすべての施策について評価を行うとともに、施策の進捗状況や社会経済の動 向、国民の要望・要請等を踏まえて、次年度の環境政策の方向性について取りまとめを行い、「平成13年度環境省政策評価書」を作成しましたので公表します。
 評価書の作成に当たっては、学識経験者等からなる環境省政策評価委員会(委員長:市川惇信東京工業大学名誉教授)のご意見、ご助言をいただくとともに、パブリックコメントを実施しました。
 また、事前評価については、法の規定に基づく、研究開発、公共事業及び政府開発援助(ODA)の他、環境省では、独自に「規制の新設」について評価することとしており、法施行後に閣議決定がなされた使用済自動車の再資源化等に関する法律案に基づく各種の新設の規制について行った事前評価について、併せて公表します。

公表資料
 資料1:平成13年度環境省政策評価書の概要
 資料2:平成13年度環境省政策評価書(抜粋)
 資料3:新設規制に関する事前評価書(使用済自動車の再資源化等に関する法律案に基づく各種規制の新設)

(参考)
 ○環境省政策評価全体については、環境省ホームページの中の「政策評価のホームページ」に掲載し、公表します。
 ○資料2(平成13年度環境省政策評価書(抜粋))において省略した資料及び資料3(新設規制に関する事前評価書)に関する参考資料についても、「政策評価のホームページ」上に掲載しています。
 ○「政策評価のホームページ」に直接アクセスする場合のアドレスは、次のとおりです。
URL:http://www.env.go.jp/guide/seisaku/index.html

添付資料

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課
課長:一方井誠治(内線6911)
補佐:廣木雅史(内線6154)
補佐:中山哲徳(内線6193)
担当:池田研造(内線6159)

ページ先頭へ