報道発表資料

平成26年7月15日
自然環境
この記事を印刷

平成26年度中央環境審議会自然環境部会 第2回鳥獣の保護及び管理のあり方検討小委員会の開催について(お知らせ)

 鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針の見直しについての検討を行うため、平成26年7月31日(木)に第2回鳥獣の保護及び管理のあり方検討小委員会を下記の通り開催します。

1. 日時

 平成26年7月31日(木)10:00 ~ 12:30


2. 場所

 環境省第1会議室(中央合同庁舎5号館22階)

  東京都千代田区霞が関1-2-2


3. 議事(予定)

 (1)鳥獣の保護及び管理を図るための事業を実施するための基本的な指針について(素案)
 (2)その他


4. 検討委員(五十音順 敬称略)

・臨時委員

 石 井  信 夫(東京女子大学現代教養学部教授)

 尾 崎  清 明(公益財団法人山階鳥類研究所副所長)

 小 泉   透(独立行政法人森林総合研究所研究コーディネータ)

 染    英 昭(公益社団法人大日本農会会長、公益社団法人中央果実協会副理事長)

 高 橋   徹(一般社団法人大日本猟友会総務委員会委員長代理)


・専門委員

 磯 部    力(國學院大學法科大学院教授)

 坂 田  宏 志(兵庫県立大学自然・環境科学研究所准教授、兵庫県森林動物研究センター主任研究員)

 汐 見  明 男(全国町村会政務調査会財政委員会委員長、京都府井手町長)

 羽 山  伸 一(日本獣医生命科学大学獣医学部教授)

 福 田  珠 子(全国林業研究グループ連絡協議会副会長)

 三 浦  慎 悟(早稲田大学人間科学学術院教授)


5. 傍聴

 上記会議は公開で行います。傍聴をご希望の方は、事務局(下記参照)までFAX又は電子メールでお申し込みください

 傍聴申し込み受付期限は、平成26724日(木)16時(必着)といたします。一般の方の傍聴可能人数は20名程度を予定しておりますので、傍聴希望者がこれを越えた場合は抽選といたします。また、希望者多数の場合は各機関1名とさせていただきます。

 傍聴申し込みの際は、以下の事項を遵守の上、お申し込みをお願いします。

[1]「鳥獣の保護及び管理のあり方検討小委員会の傍聴希望」の明記をお願いします(電子メールの場合は件名欄に記載してください)。

[2]氏名、住所、勤務先及び連絡先(電話番号、FAX番号、電子メールアドレス)の記載をお願いします。なお、複数名のお申し込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。


こちらからの返信を傍聴券といたしますので、当日必ずご持参ください(電子メールで申し込んだ方は、こちらからの返信を印刷の上ご持参ください)また、傍聴券1枚につき、傍聴者は1名です。

傍聴される方は、950分までに会場にお集まりください

※カメラ撮影をご希望の報道関係の方は、あらかじめ下記担当までご連絡ください。なお、カメラ撮影は会議の冒頭のみとさせていただきます。

中央環境審議会自然環境部会

鳥獣の保護及び管理のあり方検討小委員会事務局

(自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室 担当:山崎・石田)

TEL:03-5521-8285/FAX:03-3581-7090

e-mail:shizen-choju@env.go.jp

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8285
鳥獣保護管理企画官:堀内 洋 (内線6470)
室長補佐:東岡 礼治(内線6475)
室長補佐:松本 純治(内線6471)
担  当:山崎 麻里(内線6474)

ページ先頭へ