報道発表資料

平成26年3月17日
自然環境
この記事を印刷

中央環境審議会自然環境部会(第22回)の開催について(お知らせ)

 平成26年4月2日(水)に、中央環境審議会自然環境部会(第22回)を開催します。
 今回は、絶滅のおそれのある野生生物種の保全戦略等について、審議を行います。

1.日時:
平成26年4月2日(水)10:00〜12:00
2.場所:
環境省第1会議室
(東京都千代田区霞が関1−2−2中央合同庁舎5号館22階)
3.議題(予定)
(1)
絶滅のおそれのある野生生物種の保全戦略について(審議)
(2)
第四次環境基本計画の進捗状況の点検について(生物多様性の保全及び持続可能な利用に関する取組)(審議)
(3)
生物多様性条約第5回国別報告書及び生物多様性国家戦略2012-2020の点検について(報告)
(4)
名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会報告書について(報告)
(5)
平成25年度グリーン復興プロジェクト推進状況について(報告)
(6)
鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)の一部を改正する法律(案)について(報告)
(7)
その他
4.会議の傍聴について
 会議は公開で行います。傍聴を希望される方は、平成26年3月24日(月)17時(必着)で、下記の申込先まで電子メール又はFAXにてお申し込みください。
傍聴申込先
環境省自然環境局自然環境計画課
 電子メール:shizen-keikaku@env.go.jp / FAX:03-3591-3228
 傍聴に関するお問い合わせ 電話:03-5521-8272(担当:畠中、工藤)
記載事項
「自然環境部会の傍聴希望」と明記
(電子メールの場合は、件名欄に記載してください。)
氏名(フリガナ)
連絡先の住所、電話番号、電子メールアドレス又はFAX番号、勤務先又は所属団体名
留意事項
複数名のお申し込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。
会場の都合上、傍聴希望者が多数の場合は抽選とさせていただきます。
当方からの返信メール又はFAXを傍聴券といたしますので、傍聴券は当日必ず御持参ください。
(電子メールでお申し込みいただいた方は、当方からの返信メールを印刷の上、御持参ください。)
報道関係者の方へ
報道関係者の方は、お申し込みの際に「報道関係者」と記載してください。
カメラ撮りを希望の場合は、その旨を記載してください。
カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。
カメラ撮りに際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。
連絡先
環境省自然環境局
代表   :03-3581-3351
野生生物課
 直通   :03-5521-8282
 課長   :中島 慶二 (内:6460)
 課長補佐 :山本 麻衣 (内:6470)
 専門官  :荒牧まりさ (内:6462)

自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
 直通   :03-5521-8273
 室長   :奥田 直久 (内:6480)
 室長補佐 :河野 通治 (内:6481)
 担当   :櫻井 希実 (内:6489)

ページ先頭へ