報道発表資料

平成25年11月29日
自然環境
この記事を印刷

狩猟の魅力まるわかりフォーラム(長崎県)の開催について(お知らせ)

 近年、ニホンジカやイノシシ等の野生鳥獣による生態系・農林水産業への被害が深刻化している一方で、狩猟者の減少や高齢化が進んでいます。そこで環境省では、将来の鳥獣保護管理の担い手確保を目的とした「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」を全国9箇所で企画し、今年度第7回目を長崎県大村市で平成25年12月21日(土)に開催します。
 若手ハンターによるトークセッションやジビエ(野生鳥獣のお肉)料理の試食、ハンティングの模擬体験ができるワークショップブースの出展など、狩猟が持つ魅力や社会的な役割を実感できる内容となっています。
 多くの方々のご参加をお待ちしております(参加無料、事前申込み不要)。

  • ロゴマーク:狩猟の魅力まるわかりフォーラム1.日時:平成25年12月21日(土)11:00〜17:00
  • 2.場所:大村市体育文化センター
    シーハットおおむら
    (長崎県大村市幸町25番地33)
  • 3.主催:環境省
    共催:
    長崎県
    後援:
    農林水産省、警察庁、一般社団法人 大日本猟友会、一般社団法人 全日本狩猟倶楽部、社団法人長崎県猟友会、朝日新聞社、株式会社壱岐日々新聞社、エフエム諫早、共同通信社長崎支局、株式会社島原新聞社、時事通信社長崎支局、長崎新聞社、西日本新聞社、読売新聞西部本社、FMさせぼ、FM長崎、KTNテレビ長崎、NBC長崎放送、NCC長崎文化放送、NHK長崎放送局、NIB長崎国際テレビ
  • 4.プログラム概要
    11:00
    開場・狩猟ワークショップブース(ジビエ試食 など)
    13:00
    開会
    13:15
    ハンターによるテーマトーク「狩猟のイロハ」
    13:45
    狩猟ワークショップブース(ハンティング模擬体験 など)
    14:30
    トークセッション「私がハンターになった理由(わけ)」
    15:15
    狩猟ワークショップブース(若手ハンターとのフリートーク など)
    17:00
    終了
  • 5.狩猟ワークショップブース

    (写真は昨年度開催の様子です。他にも関連書籍の展示等を行います。)

    ●ハンターが使う狩猟具※の紹介
    写真1

    ●ハンティング模擬体験※
    写真2

    ※会場にある猟銃は全て模擬銃ですので、実際に弾丸が発射されることはありません。

    ●狩猟免許取得の相談コーナー
    写真3

    ●野生鳥獣のお肉(ジビエ)料理試食
    写真4

  • 6.申込について

    参加無料・事前申込み不要

  • 7.今後の開催予定
    H26. 2. 9
    広島県広島市
    H26. 2.22
    北海道釧路市

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
代表: 03-3581-3351
鳥獣保護管理企画官:堀内 洋  (内線6475)
     室長補佐:湯浅 敏史 (内線6472)
       担当:松尾 浩司 (内線6476)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ