報道発表資料

平成25年11月26日
廃棄物
この記事を印刷

平成25年度有害廃棄物の不法輸出入防止に関する アジアネットワークワークショップの結果について(お知らせ)

 11月19日(火)〜11月22日(金)にタイ・バンコクにおいて、平成25年度有害廃棄物の不法輸出入防止に関するアジアネットワーク(参加国:アジア10カ国)のワークショップを開催しました。本ワークショップにおいては、[1]有害廃棄物の不法輸出入防止に関する国・地域の取組、[2]有害廃棄物の越境移動と環境上適正な管理、[3]有害廃棄物の不法越境移動に関する国際ネットワーク間の連携等に関する議論を行いました。
 なお、本ワークショップは、バーゼル条約第11回締約国会議(COP11)で設置が決定された「不法移動における規則遵守を最適化させるための環境ネットワーク(ENFORCE)」、国連環境計画(UNEP/ROAP)が運営する「化学物質・廃棄物のための地域施行ネットワーク(REN)」と連携して開催されました。

1.
日程:11月19日(火)〜11月22日(金)
・11月19日(火):
アジアネットワーク、ENFORCE、RENの合同会議
・11月20日(水):
アジアネットワーク、RENの合同会議
・11月21日(木):
アジアネットワークワークショップ
・11月22日(金):
施設見学
2.場所:
タイ・バンコク
3.主催:
日本国環境省、タイ天然資源省環境局、バーゼル条約東南アジア地域事務所
4.参加者:
アジア10カ国(インドネシア、韓国、シンガポール、タイ、中国(香港)、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、日本)のバーゼル条約担当官。我が国からは環境省廃棄物・リサイクル対策部廣木企画課長等が出席。
バーゼル条約事務局、バーゼル条約東南アジア地域事務所、バーゼル条約アジア太平洋地域事務所、産業界等
5. 議題:
(1)
アジアネットワーク、ENFORCE、RENの合同会議
 廣木企画課長(アジアネットワーク事務局)、バーゼル条約南アメリカ地域センターLeilaセンター長(ENFORCE議長)、UNEP環境法・条約局長井次長(REN事務局)から開会挨拶が行われました。各ネットワークの取組が紹介された後、廃棄物・化学物質の不法越境移動に対する連携強化についてパネルディスカッションが行われ、不法越境移動対策のための輸出入国間や各ネットワーク間の連携、情報共有等の重要性について議論が行われました。
(2)
アジアネットワークとRENの合同会議
 バーゼル条約事務局から不法越境移動に対する国際的な取組について、バーゼル条約東南アジア地域事務所からアジア地域における各国の輸出入管理の最新動向について発表が行われました。また、我が国、タイから、有害廃棄物の輸出入管理・水際対策などについて発表を行うとともに、インド、マレーシア、フィジーから、国内関係機関の連携による水際対策について発表が行われました。
 不法越境移動に関する貨物の返送について、ヨーロッパにおける環境法実施・施行ネットワーク(IMPEL)からEUにおける不法越境移動した貨物の返送に係るガイドライン、優良事例及び関連する取組、香港税関から水際対策・返送手続、環境遵守施行の国際ネットワーク(INECE)から貨物返送に関する手続きや事例、バーゼル事務局から返送のガイダンス作成に関する発表があった後、パネルディスカッションにおいて、不法越境移動した貨物の返送に関する情報共有や取組について議論が行われました。
(3)
アジアネットワークワークショップ
 有害廃棄物の環境上適正な管理と越境移動について、マレーシア、フィリピン、産業界から発表が行われ、各国・産業界の取組、電気電子機器廃棄物・中古機器の越境移動の現状・課題等に関する情報提供が行われました。また、パネルディスカッションにおいては、各国において環境上適正な管理を実施するための能力・技術開発の必要性、各国の廃棄物処理施設の現状と法制度の整備状況、越境移動する廃棄物とその目的に関する解釈の明確化、越境移動を実施するための環境上適正な管理に関する情報共有の必要性等について議論が行われました。
(4)
施設見学
 タイ税関、電気電子機器廃棄物のリサイクル施設の見学を行いました。
連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課適正処理・不法投棄対策室
直通 03-5501-3157
代表 03-3581-3351
課長:塚本 直也(内線 6871)
係長:本多 俊一(内線 6885)
主査:森谷 直子(内線 6885)

ページ先頭へ