報道発表資料

平成25年5月27日
自然環境
この記事を印刷

第3回「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)の開催結果について(お知らせ)

 5月23日(木)に、井上環境副大臣、米倉委員長(一般社団法人 日本経済団 体連合会 会長)の出席の下、「国連生物多様性の10 年日本委員会」(UNDB-J)の 第3回委員会が開催されました。UNDB-J が推奨する連携事業の認定や、UNDB-J が 推薦する子供向け図書「生物多様性の本箱」の選定をはじめ、これまでの取組状 況を踏まえ、さらに活動を充実させるための検討、各委員の取組に関する情報交 換、意見交換等が行われました。

概要

1.日時
平成25年5月23日(木)14:00〜16:30
2.場所
中央合同庁舎5号館22階 環境省第1会議室
(東京都千代田区霞が関1−2−2)
3.出席者
別紙の通り
4.議事
委員会の運営について
平成24 年度事業の実施結果について
平成25 年度事業の実施計画について
委員からの取組等の紹介
意見交換

井上環境副大臣ご挨拶
(左からイルカ委員、涌井委員長代理、井上環境副大臣、米倉委員長、岩槻委員)

委員会の様子

議事のポイント

1.冒頭挨拶

会議の冒頭、井上環境副大臣より、「三陸復興国立公園の創設を機として設置す る「みちのく潮風トレイル」が、活発に活用され、地域の振興に役立つよう、し っかりとした管理・運営についてのご支援をお願いしたい」「絶滅危惧種の保全 について、経済界の皆様との連携体制を構築し、関心のある動物・植物・昆虫の 保護・繁殖に、企業の方々のサポートを期待したい」等のご挨拶がありました。
続いて、米倉委員長より、「この一年間、委員のご協力、ご尽力により、連携事 業の認定や推薦図書「生物多様性の本箱」の選定をはじめ、生物多様性の主流化 に向けた様々な取組を推進してきた」「「みちのく潮風トレイル」の管理・運営へ の協力、絶滅危惧種の保全に関する連携をはじめ、委員の皆様には、なお一層の ご協力、ご尽力をお願いしたい」等のご挨拶がありました。

2.委員会の運営について

委員会の活動の裾野を広げ、セクター間や地域における連携の取組をさらに促進 するため、以下の3団体を委員として追加することが了承されました。
全国農業協同組合中央会(JA 全中)、全国農業協同組合連合会(JA 全農)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

3.平成24 年度事業の実施結果について

平成24 年度の事業実施結果について事務局から報告がありました。
主な事業
生物多様性全国ミーティングの開催(11/3 横浜市)
生物多様性地域セミナーの開催(9/29 名古屋市、11/17 福岡市、12/15 倉敷市、2/24 浜松市)
UNDB-J が推奨する連携事業の認定(9 月に10 事業、3 月に10 事業)
UNDB-J が推薦する「子供向け図書」の選定(愛称:「生物多様性の本箱」〜みんなが生きものとつながる100 冊〜)
生物多様性キャラクター応援団の旗揚げ(現在71 キャラクターが登録)

4.平成25 年度事業の実施計画について

平成25 年度の事業計画案が了承されました。
主な事業
生物多様性全国ミーティングの開催(11/10 豊岡市)
生物多様性地域セミナーの開催(7/15 熊本県、8/10 富山県、12 月 愛媛県)
生物多様性出前講座の開催(新)
UNDB-J が推奨する連携事業の認定(9 月、3 月)
東北復興を支援する「生物多様性の本箱」寄贈プロジェクトの検討(新)
UNDB-J の活動の趣旨に賛同し、自ら行動する個人・団体が会員として参画する「Iki・Tomo パートナーズ」の旗揚げ(新)

5.委員からの取組等の紹介

各委員からそれぞれの取組等について紹介、情報交換が行われました。

6.意見交換

「各団体の取組は年々活発になっており、さらに一般の人や個別企業に裾野が広 がることが重要」「委員会は様々な団体の情報を交換できる良い機会であり、さ らに連携を深めていきたい」など、各委員から様々なご発言がありました。
【参考】
「国連生物多様性の10 年日本委員会」(UNDB-J)について 2011 年から2020 年までの10 年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10 年」 です。生物多様性条約第10 回締約国会議(2010.10 愛知県名古屋市)で採択され た、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあら ゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。
これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携 を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組を推進するため、「国 連生物多様性の10 年日本委員会」(UNDB-J)が2011 年9 月に設立されました。
UNDB-J ウェブサイトのリニューアルについて UNDB-J の様々な取組を、より多くの方々に分かりやすくお伝えするため、国連 が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)を機に、ウェブサイトをリニュ ーアルしました。ぜひご覧いただければ幸いです。
 → http://undb.jp/

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
代表   :03-3581-3351
直通   :03-5521-8150
室長   :牛場 雅己 (内:6660)
室長補佐:山内 洋志 (内:6662)
担当   :宮崎 公輔 (内:6665)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ