報道発表資料

平成25年5月14日
自然環境
この記事を印刷

名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会(第7回)の開催について(お知らせ)

 環境省では、平成25年5月21日(火)に、名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会(第7回)を開催いたします。

1.日時

 平成25年5月21日(火)9:30〜12:30

2.場所

 三田共用会議所 3階 大会議室
 (〒108-0073 東京都港区三田2-1-8 )
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/uni/mita.html

3.議題(予定)

 今後の検討の進め方について
 検討会報告書骨子案について
 国内措置のあり方に関する論点整理について
 その他

4.傍聴の手続き

 検討会は公開で行います。傍聴を希望される方は、下記要領に従ってお申込みください。

(1)傍聴可能人数(一般傍聴者)

 30名程度(希望者多数の場合は先着順となります。)

(2)申込要領

E-mail又はFAXでお申し込みください。(電話でのお申込みはご遠慮ください。)
お申込みの際には、表題に「名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会(第7回)の傍聴希望」と明記し、[1]氏名(ふりがな)、[2]電話番号、[3]E-mailアドレス又はFAX番号(いずれか記載がない場合、受け付けできないことがあります)、[4]お差し支え無ければ住所・勤務先又は所属団体をご記入ください。なお、複数名のお申し込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。
申込締切は、平成25年5月17日(金)12時必着です。
(締切時間を過ぎてのお申込み、事前にお申し込みのない方の当日の受付は致しかねますので、御了承ください。)
こちらからの返信を傍聴券といたしますので、当日必ずお持ちくださるようお願いいたします。(電子メールでお申し込みいただいた方は、こちらからの返信を印刷のうえ御持参ください。)

(3)報道関係者の方へ

取材ご希望の方も下記申し込み先まで御連絡ください。
カメラ撮影を希望の場合は、その旨を記載してください。
カメラ撮りについては、会議の冒頭のみとさせていただきます。
カメラ撮りに際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。
当日は受付にて記者証をご提示いただきますようお願いします。
一般傍聴とは別に席をご用意しますが、満席となった場合はお立ちいただくことになりますので、その場合はご容赦ください。
傍聴及び取材申込先
環境省自然環境計画課生物多様性施策推進室(担当:小林)
E-mail:shizen-suishin@env.go.jp
FAX:03-3591-3228
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
生物多様性施策推進室(代表:03-3581-3351)
                (直通:03-5521-8275)
 室長:牛場 雅己 (内:6660)
 補佐:中澤 圭一 (内:6435)
 担当:辻田 香織 (内:6487)

ページ先頭へ