報道発表資料

平成23年9月27日
水・土壌
この記事を印刷

環境の再生に向けた除染に関する国際シンポジウムの開催について(お知らせ)

 環境省及び内閣府原子力被災者生活支援チームは、平成23年10月16日(日)、福島県において「環境の再生に向けた除染に関する国際シンポジウム」を開催します。本シンポジウムは、傍聴が可能です。

1.趣旨

 放射性物質で汚染された土壌等の除染に関する過去の経験やベストプラクティスの共有を図ることにより、地域における除染計画設定や我が国の除染活動の効果的な実施に資することを目的とし、国際機関の協力を得て、除染に関する国際シンポジウムを開催する。

2.開催概要

(1)日時

平成23年10月16日(日)10:00〜(9:00受付開始)

(2)場所

パルセいいざか(福島県福島市飯坂町字筑前27番地の1)

(3)主催等

主催:内閣府原子力被災者生活支援チーム、環境省
協賛:国際原子力機関(IAEA)、経済協力開発機構原子力機関(OECD/NEA)
後援:(独)日本原子力研究開発機構、(独)原子力安全基盤機構

3.プログラム案(日米同時通訳)

(1)
開会挨拶
細野豪志 環境大臣(原子力被災者生活支援チーム長)
佐藤雄平 福島県知事
エチャバリ OECD/NEA事務局長
天野之弥 IAEA事務局長(ビデオメッセージ)
(2)
基調講演:我が国の除染への取組み
(3)
セッション1:国際機関等における取組み
(4)
セッション2:諸外国における除染作業の先行事例
(5)
セッション3:ふるさと再生に向けた取組み
(6)
セッション4:パネルディスカッション(除染の今後の取組に向けて)
(7)
閉会挨拶

4.傍聴申込みについて

 本シンポジウムは、傍聴が可能です。事務局を務めます日本原子力研究開発機構が受け付けますので、傍聴を希望される方は、別添申込書にご記入の上、下記アドレスまで電子メールにて、10月7日(金)までにお申し込みください。先着200名様までとさせていただきます。なお、報道関係者の方も事前に登録願います。
decon.sympo@jaea.go.jp

お問い合わせ先:
日本原子力研究開発機構 福島支援本部 日置 一雅(ひおき かずまさ)
電話:029-282-1133内線67543、ファックス:029-287-1540

5.備考

 本シンポジウムに関する情報は、日本原子力研究開発機構 福島支援本部のホームページにおいても公表しており、時刻、発表内容や発表者などプログラムの詳細については、調整ができ次第、随時更新していきます。下記URLをご参照くださいますようお願いいたします。
http://www.jaea.go.jp/fukushima/index.html

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局
代表:03−3581−3351
室長:大村 卓
補佐:行木 美弥
担当:黒田 景子(内線6560)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ