報道発表資料

平成23年8月2日
水・土壌
この記事を印刷

土壌汚染対策に係る「区域内措置優良化ガイドブック」の公表について(お知らせ)

 土壌汚染対策法に基づき、現場内で実施される措置(以下、「区域内措置」という。)を行うために必要なポイントについて、土壌汚染対策を実施する方々により分かりやすく説明する目的で「区域内措置優良化ガイドブック」を作成しましたので公表します。

1.策定経緯・位置付け

 平成22年4月1日に施行された改正土壌汚染対策法においては、「掘削除去の偏重の解消」や「汚染土壌の不適正処理による汚染の拡散の防止」の観点が盛り込まれたところであり、今後の土壌汚染対策に当たっては、区域内措置が適正に実施されることがますます重要となっています。このため、今般、区域内措置を実施するために必要なポイントについて土壌汚染対策を実施する方々により分かりやすく説明するための「区域内措置優良化ガイドブック」を作成しました。

2.ガイドブックの概要

(1)区域内措置の位置付け

(2)土壌汚染対策の考え方

(3)区域内措置の共通工事

(4)各措置技術の解説

[1]
措置技術の説明
[2]
要求品質
[3]
拡散防止措置及び周辺環境管理
[4]
想定されるトラブル事例

3.ガイドブックの入手方法

 以下の環境省ホームページから、本ガイドブックのダウンロードが可能です。
 http://www.env.go.jp/water/dojo/gl-man.html

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課
直通:03-5521-8338
代表:03-3581-3351
課長:柴垣 泰介(内線:6650)
課長補佐:根木 桂三(内線:6652)
係長:湯浅 翔(内線:6656)
担当:柳本 智也(内線:6680)

ページ先頭へ