報道発表資料

平成23年7月26日
自然環境
この記事を印刷

平成23年の飼育下トキの繁殖結果等について(お知らせ)

 平成23年の飼育下トキの繁殖結果等についてお知らせいたします。
 平成23年は佐渡トキ保護センター、同野生復帰ステーション、多摩動物公園、いしかわ動物園及び出雲市トキ分散飼育センターの25組(計画繁殖外含む)のペアで繁殖に取り組み、計155個の卵が産まれ、このうち50羽のトキが順調に成育しています。この結果、我が国の飼育下におけるトキの総個体数は188羽となりました。

1.
平成23年のトキの繁殖期(3月〜6月)は、平成22年の繁殖期の21組のペアのうち5組を解消、7組の新たなペアを形成、計画繁殖外2ペアを加え、計25組のペアで繁殖に取り組みました(佐渡トキ保護センター:11組(うち1組計画繁殖外)、野生復帰ステーション:6組、多摩動物公園:4組(うち1組計画繁殖外)、いしかわ動物園:2組、出雲市トキ分散飼育センター:2組)。
2.
25組の繁殖ペアのうち、計画繁殖外1ペアを除く24ペアから計155個の卵が産卵され、うち79個を有精卵と確認し、そのうち合計56羽のヒナが孵化しました(自然孵化:10羽、人工孵化:46羽)。
孵化したヒナのうち6羽は育雛中に死亡(5羽は自然育雛中に死亡、1羽は人工育雛中に死亡)しましたが、50羽が順調に成育しています。
3.
この結果、平成23年は50羽(自然孵化:9羽、人工孵化:41羽)のトキが成育し、我が国の飼育下におけるトキの総個体数は188羽となりました。
注1:
数字は平成23年7月26日現在(詳細は別添資料)
注2:
「計画繁殖外」とは、送信機の装着影響試験ほか繁殖行動調査のためにペアリングさせたペアで、繁殖計画に基づかない繁殖をいいます。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
課長:亀澤 玲治(6460)
課長補佐:堀内 洋(6475)
専門官:中屋 俊満(6464)
直通:03−5521−8283
代表:03−3581−3351

関連情報

関連Webページ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ