報道発表資料

平成23年1月18日
総合政策
この記事を印刷

火力発電所リプレースに係る環境影響評価の技術的事項に関する検討会の開催について(お知らせ)

 「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」(平成22年9月10日閣議決定)において、「火力発電所のリプレースは温室効果ガスの削減にも資することから、これらの事業のうち環境負荷が現状よりも改善するケースについて、環境影響評価に要する時日の短縮が可能となるような手続きの合理化を行うための方策を検討する」ことが盛り込まれています。また、平成22年2月22日中央環境審議会答申において、「発電所のリプレース事業のように、土地改変等による環境影響が限定的で、温室効果ガスや大気汚染物質による環境負荷の低減が図られる案件については、早く運用に供されることが望ましいことから、ベスト追求型の観点も踏まえ、方法書における評価項目の絞り込みを通じた環境影響評価に要する期間の短縮等、弾力的な運用で対応することが必要」と示されています。

 これらを受けて、環境省において、火力発電所のリプレースの際の評価項目の絞り込みの条件等について専門家から技術的助言をいただき、今後の検討の参考にしていくことを目的として、「第1回火力発電所リプレースに係る環境影響評価の技術的事項に関する検討会」(委員長:植田洋匡 京都大学名誉教授)を1月24日(月)に開催いたします。

1.第1回火力発電所リプレースに係る環境影響評価の技術的事項に関する検討会の開催について

(1)日時

平成23年1月24日(月)13:00〜15:00

(2)場所

TKP新橋ビジネスセンター 4階カンファレンスルーム4B
住所 東京都港区新橋1−1−1日比谷ビルディング4階
電話 03-3519-6536

(3)議題

[1]
火力発電所リプレースに係る環境影響評価等の現状について
[2]
方法書における評価項目の絞り込み等の条件について
[3]
その他

2.会合の傍聴

 本会合は公開で行います。
 傍聴をご希望の方は、電子メール又はFAXにて、平成23年1月21日(金)正午必着で、以下の連絡先までお申し込みください。
 なお、会場の都合上、傍聴希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 (定員50名程度)

申し込み先

「火力発電所リプレースに係る環境影響評価の技術的事項に関する検討会 事務局」
株式会社 東京久栄
 FAX:048-268-8301
 メール:rep_kentokai@tc.kyuei.co.jp
 担当:会田、宮下、岩本

記入事項

氏名、勤務先、連絡先の住所、電話番号、傍聴券の送付先(メールアドレスまたはFAX番号)

「火力発電所リプレースに係る環境影響評価の技術事項に関する検討会 傍聴希望」の旨を記入してください。

留意事項

傍聴いただける方には、ご指定いただいた送付先(メール又はFAX)に傍聴券をお送りしますので、当日必ずお持ちください。
報道関係者の方は、お申し込みの際に「報道関係者」と記載してください。また、カメラ撮影を希望される場合はその旨を記載してください。(カメラ撮りについては、会議の冒頭のみでお願いします。また、必ず自社腕章を携帯願います。)
申込みの際に記入いただいた情報は、環境省保有個人情報管理規程に基づいて取り扱い、本検討会傍聴者の管理、傍聴券の発行以外に使用することはありません。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
直通:03-5521-8237
代表:03-3581-3351
室長:小野 洋(内線6231)
室長補佐:馬場 康弘(内線6233)
審査官:辻 珠希(内線6253)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ