報道発表資料

平成22年8月31日
自然環境
この記事を印刷

平成22年度動物愛護週間中央行事(動物愛護ふれあいフェスティバル)等の開催について(お知らせ)

 9月12日(日)及び18日(土)に、動物愛護週間中央行事として「動物愛護ふれあいフェスティバル」を、上野恩賜公園において開催します。また、動物愛護週間(9月20日〜26日)を中心に、都道府県等が主催する様々な動物愛護関連行事が全国各地で開催されます。

1.趣旨

 広く国民の間に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)に基づき、動物愛護週間(9月20日〜26日)が設けられており、国、地方公共団体及び関係団体が協力して、各種行事を実施しています。
 環境省では、東京都や関係団体と一緒に、昭和52年から「動物愛護週間中央行事」を実施してきています。本年度は、「ふやさないのも愛」をメインテーマとして、9月12日(土)及び18日(日)の2日間、上野恩賜公園において、「動物愛護ふれあいフェスティバル」を開催します。

2.動物愛護ふれあいフェスティバル(動物愛護週間中央行事)の概要

(1)日時

平成22年9月
12日(日)13:00〜16:30(屋内行事)
18日(土)11:00〜16:00(屋外行事)

(2)場所

上野恩賜公園内東京国立博物館平成館講堂(屋内行事)
噴水前広場及び上野動物園(屋外行事)

(3)主催

動物愛護週間中央行事実行委員会(環境省、東京都、台東区、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(公社)日本愛玩動物協会、(社)日本獣医師会、(社)日本動物園水族館協会、(社)東京都家庭動物愛護協会、(社)日本新聞協会、(社)日本雑誌協会)

(4)概要

[1] 9月12日(日) : 屋内行事(シンポジウムほか
内容
表彰式(動物愛護週間ポスター、写真、児童文学、標語、キャッチコピー)
シンポジウム
テーマ:
ふやさないのも愛−繁殖制限を考えるー
講演者:
小方宗次氏(ヤマザキ学園大学准教授)
加隈良枝氏(帝京科学大学講師)
高木優治氏(新宿区保健所)
林典子氏 (ハロー動物病院院長)   (順不同)
[2] 9月18日(土) : 屋外行事
内容
ふやさないのも愛勝ち残り○×クイズ大会
クイズ大会
愛犬しつけ方教室、聴導犬実演
スタンプラリー、動物紙芝居、動物お絵かき・動物折り紙
こども動物園
ポスター展示、パネル展示など

(5)参加費

無料

(6)問合せ先

動物愛護週間中央行事実行委員会事務局((財)日本動物愛護協会)
TEL:03-3409-1821

なお、12日の屋内行事のみ事前参加申込が必要ですので、(社)日本動物福祉協会(TEL:03-5740-8856)宛、平日の9:00〜17:00の間に問い合わせ下さい。締め切りは9月10日(金)正午です。

3.動物愛護週間地方行事

 動物愛護週間(9月20日〜26日)を中心に、都道府県等が主催する様々な動物愛護関連行事が全国各地で開催されます。(詳細は別紙参照)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
代表:03-3581-3351
室長:西山 理行(内線6484)
室長補佐:西 純一郎(内線6428)
担当:丸山 永(内線6429)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ