報道発表資料

平成22年7月6日
自然環境
この記事を印刷

「第3回みんなで守ろう日本の野生ラン−絶滅の危機に瀕した日本の野生ランを守ろう」シンポジウム及び写真展の開催について(お知らせ)

 現在日本に生育している野生ラン305種のうち約70%の種が絶滅のおそれがあるといわれています。国際自然保護連合(IUCN)ラン専門家部会日本支部と環境省新宿御苑管理事務所では、下記のとおりシンポジウム及び写真展を開催し、日本の野生ランの現状と、その野生ランの保護活動を実践している個人や団体の取り組みを紹介します。

1.内容

(1)シンポジウム 「誰もが参加・実践できる保護活動の事例報告」

日時:
7月24日(土)12:00〜16:00  【当日受付(先着100名)】
会場:
新宿御苑インフォメーションセンター2階レクチャールーム
プログラム:
・長野県富士見町におけるアツモリソウの再生への取り組み
(長野県立富士見高校、富士見町アツモリソウ再生会議)
・山形県におけるアツモリソウの繁殖と自生地外保全
(山形県立村山農業高校)
・山梨県三ツ峠におけるアツモリソウの保全活動
(三ツ峠山荘、中村光吉)
・青森県のラン
(写真家 沼田俊三)
・総合討論

(2)写真展「青森県の野生ラン」(青森市在住の写真家沼田俊三氏撮影の野生ランの写真)

日時:
7月21日(水)〜7月25日(日)9:00〜16:30
会場:
インフォメーションセンター1階アートギャラリー

2.実施主体

主催:
国際自然保護連合(IUCN)ラン専門家部会日本支部、環境省新宿御苑管理事務所
協力:
(財)国民公園協会新宿御苑
後援:
(社)日本植物園協会、独立行政法人国立科学博物館筑波実験植物園、ラン懇話会、ラン関係団体情報連絡会

3.問い合わせ

内容について:
IUCNラン専門家部会日本支部事務局
斎藤亀三(斉藤倉庫株式会社内)(電話:042-488-2100)
会場・時間等について:
新宿御苑管理事務所 (電話 03-3350-0151)
連絡先
環境省自然環境局新宿御苑管理事務所
直通 03-3350-0151
所長 築島 明
担当 温室第一科長 松井 裕

ページ先頭へ