報道発表資料

平成22年6月29日
大気環境
この記事を印刷

 平成21年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムにおける実証試験結果報告書について(お知らせ)

 平成21年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムにおける実証試験結果報告書が、実証機関である特定非営利活動法人地中熱利用促進協会により作成され、環境省が承認しましたのでお知らせいたします。

1.背景・経緯

 環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的な環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術を実証する手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的とするものです。
 平成21年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムにおいて、実証機関である特定非営利活動法人地中熱利用促進協会により、「ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム 実証試験要領」(第1版)(平成21年4月27日公表)に基づく実証試験が下表に示す各実証単位の実証対象技術について実施され、合計3件の実証試験結果が実証試験結果報告書として取りまとめられました。そしてそれらについて環境省が承認し、実証番号を付与しました。

2.報告書の内容

 今回、実証試験を行った各実証対象技術は、地中熱・下水熱を熱源とするヒートポンプを利用し、オフィス、住宅の空調を行う技術であり、発生する人工排熱を低減させ、ヒートアイランド対策効果が得られる技術です。本技術分野では、3つの技術のまとまり(実証単位:A、B、C)に区分けし、その実証単位において選定された実証対象技術の実証試験を実施しました。具体的には、施設に設置され稼働中の地中熱利用空調システム(A:システム全体)、水冷式ヒートポンプ(B:地中熱/下水熱専用ヒートポンプ)、建設中の施設に掘削された地中熱交換器(C:地中熱交換部)です。

[平成21年度実証された各実証単位の実証対象技術]

実証単位実証対象技術名環境技術開発者実証番号
実証単位(A)
システム全体
「川崎市 南河原こども文化センター」における地中熱利用空調システム JFE鋼管株式会社/JFEスチール株式会社 052-0901
実証単位(B)
地中熱/下水熱専用ヒートポンプ
水冷式ヒートポンプ(地中熱対応水冷式ヒートポンプチラー・ZQH-18W18) ゼネラルヒートポンプ工業株式会社 052-0902
実証単位(C)
地中熱交換部
東京都港区高輪福祉会館において掘削された地中熱交換器 ミサワ環境技術株式会社 052-0903

 今回の実証試験により、各実証対象技術のヒートアイランド対策性能等について確認されました。
 各実証対象技術の実証試験結果報告書の詳細等は、環境技術実証事業ウェブサイトのヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムウェブページ(http://www.env.go.jp/policy/etv/s05_c3.html)及び実証技術情報(実証結果一覧)ウェブページ(http://www.env.go.jp/policy/etv/list_20.html)に後日アップロードされますので、そこから自由にダウンロードしていただくことができます。また、本報道発表資料の添付資料として、各実証対象技術の実証試験結果報告書の概要版を掲載しましたので、御覧ください。
 なお、環境技術実証事業による環境技術の実証試験結果報告書は、環境技術の性能の保証・認証・認可等を謳うものではなく、一定の条件下における環境技術の環境保全効果についてまとめたものです。各実証対象技術についての詳細等は、環境技術開発者(実証申請者)へ直接お問い合わせください。

3.実証の参考

 本事業で実証された実証対象技術は、環境技術実証事業が出展する展示会において、パネル等で展示を行うことができる予定です。なお、平成21年度は、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で、10月14日(水)〜16日(金)に開催された「2009 地球温暖化防止展&世界環境共生都市博」に出展しました。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局総務課環境管理技術室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8297
室長:岩田 剛和(内線 6550)
補佐:高野 厚(内線 6551)
担当:重松 賢行(内線 6557)

関連情報

関連Webページ

過去の報道発表資料

平成22年3月1日
平成21年度環境技術実証事業検討会 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム ワーキンググループ会合(第3回)の開催について(お知らせ)
平成21年11月10日
平成21年度環境技術実証事業検討会 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム 拡大ワーキンググループ会合の開催と意見の募集について(お知らせ)
平成21年7月30日
平成21年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムにおける実証対象技術の選定について(お知らせ)
平成21年6月4日
(お知らせ)平成21年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野(オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術)地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システムにおける実証機関の選定及び実証対象技術の募集について
平成21年4月27日
(お知らせ)平成21年度環境技術実証事業 ヒートアイランド対策技術分野「オフィス、住宅等から発生する人工排熱低減技術 地中熱・下水等を利用したヒートポンプ空調システム 実証試験要領」の策定及び実証機関の公募の開始について

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ