報道発表資料

平成22年6月14日
自然環境
この記事を印刷

平成22年度絶滅危惧植物展「植物の多様性を守る取組〜植物の恵みを未来に引き継ぐために〜」の開催について(お知らせ)

 日本に生育する維管束植物(約7000の種)のうち、4分の1にあたる1690種が絶滅のおそれのある種としてレッドデータブックに掲載されています。
 新宿御苑では、平成13年から毎年6月の環境月間にあわせて「絶滅危惧植物展」を開催し、新宿御苑が栽培している絶滅危惧植物を解説展示するとともに、国内の絶滅危惧植物の現状やその保全のための取組をパネルで紹介しており、本年は下記のとおり実施します。

1.日時

 平成22年6月22日(火)〜7月4日(日)9:00〜16:30
 (6月28日(月)は休館日)

2.会場

 新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリー
 (〒160-0014 新宿区内藤町11)

3.展示内容

 絶滅危惧種の現状、絶滅危惧植物を守るための取組などのパネル展示
 新宿御苑で栽培している絶滅危惧植物の展示

4.実施主体

主催:
環境省新宿御苑管理事務所
協力:
(財)国民公園協会新宿御苑

5.問合せ先

 新宿御苑管理事務所
 電話(03-3350-0151)

連絡先
環境省自然環境局新宿御苑管理事務所
直通 03-3350-0151
所長 築島 明
温室第一科長 松井 裕
担当 高橋 啓介

ページ先頭へ